太陽光発電

炭素税に賛成!地球を守るオスカー女優の実践とは?

「環境を守る責任」に、人々が気づくきっかけを。 新作映画『マイティ・ソー バトルロイヤル』で、人々を恐怖に陥れる悪役ヘラを迫力満点で演じるケイト・ブランシェットの素顔は、環境問題に真剣に取り組むよう呼びかける熱心な環境活動家だ。

カーボン・ケイトとして
炭素税キャンペーンに参加

美しさと天才的な演技力を兼ね備えた彼女は、さまざまなチャリティー活動に積極的に参加する活動家でもある。なかでも環境問題にはとても熱心で、母国オーストラリアの炭素税キャンペーンのテレビCMに出演し、炭素税のカーボン・タックスにちなみ、「カーボン・ケイト」というキャッチフレーズで炭素税の施行に「イエス」と答えるよう促した。

また、2010年、アート監督を務めていたシドニー・シアター・カンパニーのホーム劇場の屋根にソーラーパネルを設置。翌年には、世界最大規模の雨水を集めるシステムも導入した。

環境活動に熱心な理由について、3人の息子を持つケイトはこう話す。

「子どもたちのためにも、環境問題に取り組んでいるの。彼らの未来を守りたいからよ。環境問題は自分の国だけでなく、世界中の、一人一人に関係してきている。逃れることはできない問題で、みんなが共通して関係していること。危機ではあるけれど、私たちに良くなる機会を与えてくれている危機でもある。消費の仕方、考え方、行動を変える時が来たの。(環境を)守る責任に気づくことで、後の世代から敬意を受けることができるのよ」。

エコ目標を自分に課して実践

そしてケイトは、自分の中に掲げている目標を打ち明ける。

「自宅の電力をグリーン電力として認可されたものに切り替える。シャワーヘッドを節水のものに取り替える。洗濯機をお湯ではなく水洗いにセットする(欧米の洗濯機の標準サイクルは、お湯を使うことになっている)。適切な屋根素材かどうかをチェックし、必要なら取り替える。国内線の利用を回やめて、カーボンオフセットを購入する。車の運転は週に20キロ以下にする。家庭内での電気とガスの消費を20%減らす。太陽熱温水器を設置する」。

環境保護団体ソーラーエイドのパトロンとして、助力の呼びかけのビデオメッセージを作ったり、世界ビジネスサミットに出席して各国の経済界のリーダーに向け、環境に優しい経済活動をするようスピーチしたりと、ケイトは有名税をしっかり利用して、人々に地球温暖化の脅威とエコ活動の大切さを呼びかけている。

PROFILE

ケイト・ブランシェット CATE BLANCHETT

1969年オーストラリア生まれ。演劇学校在学中から演劇で高い評価を受け、1994年に映画デビュー。2005年に『アビエイター』でアカデミー賞助演女優賞を受賞。2014年には同主演女優賞を受賞。


文/はせがわいずみ

『SOLAR JOURNAL』vol.23より転載

関連記事

アクセスランキング

  1. 「FIT制度」の次のステップ「FIP制度」って?
  2. 風車の種類は大きく2種類!? 風力発電入門講座
  3. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
  4. JPEA、破損した太陽光パネルを適正処分できる企業一覧を公表
  5. 地域を潤す再エネ事業「シュタットベルケ」の神髄がここに!
  6. 太陽光発電は全量買取から”余剰買取”へ! 工場はさらにメリット大
  7. 2019年春スタートの「森林経営管理制度」バイオマスへの影響は?
  8. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  9. 7/24(水)開催! 太陽光の今がわかる「PVビジネスセミナー」
  10. 新電力は”不健全なビジネス”か? 福島電力の破綻が意味すること

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.29 / ¥0
2019年4月26日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース