注目キーワード

太陽光発電

世界初! 太陽光のみで走る電車がオーストラリアで誕生

世界初! 太陽光発電を利用した電池だけで運行する電車がオーストラリアで誕生した。古くなり、使われなくなっていた電車は、柔軟にレイアウトが可能な'曲がる'太陽光パネルを利用することによって新たに生まれ変わった。

太陽光電池使用電車
世界初の運行開始

オーストラリアのByron Bay社は、2017年12月より、世界で初めて太陽光電池で走行する電車の運行を開始した。二両にわたるソーラートレインは、ニューサウスウェールズ州バイロンベイにて、3㎞間を走ることとなる。運営元のByron Bayは、古くなった線路や電車を再開発し、利用を進める会社だ。

新たに運行を開始したソーラートレインは、もともとディーゼルエンジンを搭載しており、Byron Bayも当初は太陽光電池ではなく、ディーゼルエンジンを修理したものを利用する予定だった。しかし、技術の進歩により、太陽光電池を利用した駆動が可能となったため、太陽光発電を利用した電車へと生まれ変わったという。

地域と一体となった運行

故障に備えて、車両にはディーゼルエンジンも搭載してはいるが、運行に必要な全てのエネルギーは、基本的に太陽光電池でまかなわれる。また、天候不良が長引いた時には、地元のエネルギー小売業者を通じて、再生可能エネルギーを充電させるという。

カギとなったのは
曲がるソーラーパネルの採用

ソーラーパネルのモジュールはSunMan社の製品である、「eArche(イーアーチ)」が採用されている。こちらは、ガラス不使用のため柔軟なレイアウトに対応することが可能であり、電車の屋根のような平らでない部分での実装が可能になった。長らく愛されてきた電車の車両が、最新技術と融合することによって、再び街を走ることになったのだ。2017年12月よりソーラートレインは運行を開始しており、Byron Bay社は2018年1月下旬より、順次運行本数を増加させる予定にだという。

問い合わせ

Solar Train運営会社:Byron Bay社公式ホームページ
「eArche」製造:SunMan社公式ホームページ
SUNMAN日本総代理店:日本住宅サービス株式会社ホームページ

関連記事

太陽光関連メーカー一覧

アクセスランキング

  1. 太陽光の廃棄費用、積立義務化が迫る! いくら? いつから? 徹底解説!
  2. 【参加無料】2月25日(金)「第21回PVビジネスセミナー」オンライン開催
  3. 「ノンファーム型接続」とは? 再エネ拡大のカギ握る送電ルール見直し
  4. 日本唯一の卸電力取引所「JEPX」とは? 取引価格はどう決まる?
  5. 自家消費の次なる手段「自己託送」のメリット・デメリット
  6. 自分の電気で自宅で過ごそう! 我が家で自家消費をするための準備は?
  7. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  8. 脱炭素先行地域、第1回目の募集がいよいよスタート! 自治体の脱炭素が加速する...
  9. 養殖マグロで発電!? 小学生のエネルギー戦略が凄い!
  10. これが日本最大の風力発電所だ!出力80MW/年間発電量1億5000万kWh

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.39 | ¥0
2021/10/29発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース