太陽光発電

オランダのソーラーカーが豪州3000キロを走破!

太陽電池のみを電源にして道を滑走できる自動車「ソーラーカー」。この夢のようなソーラーカーが、街中を走り回る日もそう遠くはない……!? オランダの大学生が開発した驚きの発明を紹介!

夢のソーラーカー、実用化も近い?

ソーラーカーで3000kmのオーストラリア縦断に挑む「ブリヂストンワールドソーラーチャレンジ2017」において、蘭デルフト工科大学の学生チームが開発したソーラーカー「ヌナ9」が優勝。

空力設計により強い横風でも効率よく走行し、変換効率の高いGaAs太陽電池で発電したエネルギーを高効率なバッテリーに蓄積させることによって、雨や曇りでも失速することなく、4日と6時間あまりをかけて見事走破した。

※ガリウム(Ga)とヒ素(As)で構成された化合物半導体によって発電する、変換効率の高い太陽電池。

PROFILE

Nuon Solar Team


文/松岡由希子

SOLAR JOURNAL vol.24(2018年冬号)より転載

関連記事

アクセスランキング

  1. 大容量&低価格、テスラの新・家庭用蓄電池!
  2. 【速報】太陽光発電の「入札」結果が明らかに!
  3. 「HEMS × 蓄電池 × V2H」という住宅の新発想
  4. 来年度FIT激変、バイオマス発電に「入札」を導入!
  5. 太陽光の今がわかる「PVビジネスセミナー」4/11開催
  6. 2017年度、これが新FIT買取価格だ!
  7. あなたは知ってる? 小型風力発電の3つの注意点
  8. 「FIT制度」の次のステップ「FIP制度」って?
  9. なぜ日本では「風力発電」導入が遅れているのか?
  10. 再エネが繋げない? 送電線「空き容量ゼロ」は本当か
SMA CO2O

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.24 / ¥0
2018年1月31日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース