太陽光発電

世界一高い太陽熱発電所が砂漠のど真ん中に出現!?

イスラエルがネゲブ砂漠の中心に建設するのは、世界一の高さとなる太陽熱発電所だ。砂漠にそびえたつ発電施設は、イスラエルの再生可能エネルギー転換に欠かせない切り札となりうる。

イスラエルの挑戦
世界一高いタワー式太陽熱発電所

イスラエルがネゲブ砂漠に建設中の太陽熱発電施設(The Ashalim Solar Thermal Power Station)は、高さ240mのタワー式太陽熱発電所を中心とした発電施設である。完成すれば、タワー式太陽熱発電所としては世界一の高さになる予定だ。

BrightSource Energyより

タワーは、BrightSource EnergyやGE, NOY Infrastracture&Energy Investment Fundが出資したMegalim Solar Power (MSP) LTDによって建設されている。タワーの最上部にはボイラーが設置され、3.15㎢の敷地内に敷き詰められた5万台超のヘリオスタットという、太陽に追従して太陽光を反射させて光を一か所に集める装置で太蒸気を発生させ、発電のためのタービンを回す。

イスラエルは2020年までに、再生可能エネルギーによる電力を全体の10%にする目標を掲げている。2014年に建設を開始した発電施設は、その計画の一端を担う重要な役割だという。

MSPに出資したうちの1社であるBrightSource Energyによると、発電出力は121MWで、これは120,000世帯分の電力に相当するという。さらに、二酸化炭素の排出量も年間で110,000トン削減できることが見込まれている。

関連記事

アクセスランキング

  1. 発電量を最大化するモニタリングシステムとは? 導入企業も多数!
  2. O&M協議会、初の技術セミナー「驚きのトラブルと解決法」が多数!
  3. 大手電力会社の「卒FIT」対応は? 転機の2019年を前に第一報が続々!
  4. ソーラーシェアリング特集号第2弾! アースジャーナルvol.06発売
  5. 太陽電池モジュールを巡る、米国における”貿易摩擦”と”輸入制限”
  6. JPEA、破損した太陽光パネルを適正処分できる企業一覧を公表
  7. 東北電力「出力制御の準備」訴え、来春には再エネ電力が需要の65%に
  8. 頻繁に変更される未稼働案件ルール、今度は「変更整理表」更新
  9. エネ庁が未稼働案件への対応決定、「価格切り下げ」の原則は変わらず
  10. 出力制御は珍しいことではない? 再エネ先進国では”ごく日常的”

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.27 / ¥0
2018年10月31日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース