注目キーワード

太陽光発電

世界一高い太陽熱発電所が砂漠のど真ん中に出現!?

イスラエルがネゲブ砂漠の中心に建設するのは、世界一の高さとなる太陽熱発電所だ。砂漠にそびえたつ発電施設は、イスラエルの再生可能エネルギー転換に欠かせない切り札となりうる。

イスラエルの挑戦
世界一高いタワー式太陽熱発電所

イスラエルがネゲブ砂漠に建設中の太陽熱発電施設(The Ashalim Solar Thermal Power Station)は、高さ240mのタワー式太陽熱発電所を中心とした発電施設である。完成すれば、タワー式太陽熱発電所としては世界一の高さになる予定だ。

BrightSource Energyより

タワーは、BrightSource EnergyやGE, NOY Infrastracture&Energy Investment Fundが出資したMegalim Solar Power (MSP) LTDによって建設されている。タワーの最上部にはボイラーが設置され、3.15㎢の敷地内に敷き詰められた5万台超のヘリオスタットという、太陽に追従して太陽光を反射させて光を一か所に集める装置で太蒸気を発生させ、発電のためのタービンを回す。

イスラエルは2020年までに、再生可能エネルギーによる電力を全体の10%にする目標を掲げている。2014年に建設を開始した発電施設は、その計画の一端を担う重要な役割だという。

MSPに出資したうちの1社であるBrightSource Energyによると、発電出力は121MWで、これは120,000世帯分の電力に相当するという。さらに、二酸化炭素の排出量も年間で110,000トン削減できることが見込まれている。

関連記事

太陽光関連メーカー一覧

アクセスランキング

  1. 「ノンファーム型接続」とは? 再エネ拡大のカギ握る送電ルール見直し
  2. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  3. 自分の電気で自宅で過ごそう! 我が家で自家消費をするための準備は?
  4. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
  5. 日本唯一の卸電力取引所「JEPX」とは? 取引価格はどう決まる?
  6. 自家消費の次なる手段「自己託送」のメリット・デメリット
  7. 【続報】発電側基本料金、電力量にも課金へ。容量課金とは1対1の比率
  8. エネルギー基本計画、2050年「再エネ5~6割」をたたき台に議論始まる
  9. ついに、FITからFIPへ! 市場価格に上乗せされる「プレミアム」ってどう決まる?...
  10. 養殖マグロで発電!? 小学生のエネルギー戦略が凄い!

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.37 | ¥0
2021/4/30発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース