太陽光発電

Looop、電力ピークシフトと自家消費に新提案!

新電力と太陽光発電のLooopが、このほど新たに「真夏の節電キャンペーン」と「自家消費型ソーラー」を発表した。いずれも、これからのエネルギー消費のあり方を積極的な変えていこうとするもの。同社の提案に市場がどう応えるか、注目されるところだ。

夏、ゲーム性を盛り込んだ
節電キャンペーンを実施

新電力(小売電気事業者)としてのLooopが打ち出してきたのが、 節電タイムの設定とそれに伴う特別料金プラン。冷房により電力消費が増える夏の3ヶ月(7~9月)をターゲットにした期間限定キャンペーン、その名も「真夏の節電大作戦2018」だ。

電力需要がピークとなる時間帯(14:00~22:00)を節電タイムとして、その時間内の電気料金を高く(35円/kWh)、その他の時間帯を安く(20円/kWh)する。

【節電タイムと料金】

同じ電気使用量でも節電タイムを避けて使えば、電気代を大幅に削減することができる。ピークシフトの動機づけとしては十分な価格差といえるだろう。

家庭向け電力プラン「おうちプラン」のユーザーにキャンペーン参加を呼びかけ、まずは応募したユーザー1000件程度を対象に実施する。Looopでは、「ピークの平準化によって国全体の電力供給を安定化していく取り組みにしていきたい」と話す。

「真夏の節電大作戦」を指揮するLooop執行役員/電力事業本部本部長の小嶋祐輔氏

このキャンペーンがユニークなのは、節電にゲーム性を取り入れているところだ。

期間中、Web上に特設ページを設け、キャンペーン参加者同士で節電量を競い合わせる。参加者を3チームに分け、優勝チームで最も節約量(※)が多かったユーザーには、ケンブリッジ旅行がプレゼントされるという。
※節電量=6月の使用量から想定される7月・8月・9月の使用量と実際の使用量との差

なお、このキャンペーンは、ケンブリッジ大学発のデータコンサルティング会社であるSMAP ENERGY社(本社:英国ロンドン)との協業により実施される。

【キャンペーン概要】
●申込み期間:2018年4月30日まで(応募者多数の場合は抽選になる場合がある)
●実施エリア:東京電力管内のみ
●実施期間:2018年7月1日~9月30日限定(それ以外の期間は、通常のLooopでんき「おうちプラン」のサービス)
●プレゼント:ケンブリッジ研修旅行、.Amazonギフト券5万円分他
12

関連記事

アクセスランキング

  1. 太陽光発電8設備が初の「FIT認定取り消し」 申請せずに発電事業を実施
  2. 自治体新電力が巨大都市と連携!? 「久慈地域エネルギー」の事例
  3. 日本企業が「RE100」に続々と加盟、各社のエネルギー計画は?
  4. JPEA、破損した太陽光パネルを適正処分できる企業一覧を公表
  5. 4/16(火) 次世代パワエレシンポジウム+PVビジネスセミナー 同時開催!
  6. 風車の種類は大きく2種類!? 風力発電入門講座
  7. 2019年度のFIT調達価格は14円/kWh! 前年度から2割超の大幅減額に!
  8. 「2019年問題」専用サイト開設! エネ庁が注意喚起と情報提供
  9. 重要なのは「安売り」ではない? 自治体新電力が生き残るポイントとは
  10. 地域を潤す再エネ事業「シュタットベルケ」の神髄がここに!

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.28 / ¥0
2019年1月31日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース