太陽光発電

最大出力13.7MW! ダムを活用した水上メガソーラー

業界大手企業が千葉県市原市に建設していた"水上設置型"のメガソーラーがついに完成。ダムを有効利用し、日本最大規模の出力13.7MWを実現した『千葉・山倉水上メガソーラー発電所』の凄さとは?

水上設置型の
メガソーラーが完成!

東京センチュリー株式会社、京セラ株式会社が共同出資する京セラTCLソーラー合同会社は、2012年8月の設立から多くの太陽光発電所を開設しているが、千葉県市原市において、日本最大※1の”水上設置型”太陽光発電所「千葉・山倉水上メガソーラー発電所」を新たに建設。

同社が開設した水上設置型発電所としては7ヶ所目となる本発電所の完成にあたり、2018年3月20日、竣工式が行われた。

最大出力13.7MW!
ダムを有効活用

竣工式の様子。森田健作千葉県知事が出席のもと執り行われた。

千葉・山倉水上メガソーラー発電所では、千葉県水道局が管理する工業用水専用の山倉ダムの水面約18万㎡に、京セラ製の太陽電池モジュール50,904枚が設置されている。

年間予想発電量は約1,617万kWhで、一般家庭約4,970世帯分の年間電力消費量※2に相当。

2018年3月5日より運転を開始しており、発電した電力は全量を東京電力へ売電するそうだ。

京セラTCLソーラー合同会社はこれまで、本発電所を含め全国で61ヶ所、合計約184.7MW※3の太陽光発電所を開設。今後も日本国内にある数多くのダムや、ため池の有効活用を図るとともに、再生可能エネルギーの普及・促進に努めていくという。

※1.稼働済みの水上設置型太陽光発電所において(2018年3月20日時点、京セラTCLソーラー合同会社調べ)
※2.1世帯当り3,254.4kWh/年で算出 出典:電気事業連合会『原子力・エネルギー図面集2015』
※3.2018年3月20日時点、稼働済みとして

DATA

千葉・山倉水上メガソーラー発電所

設計・施工:京セラコミュニケーションシステム株式会社
保守・維持管理:株式会社京セラソーラーコーポレーション
事業主:京セラTCLソーラー合同会社
所在地:千葉県市原市山倉地先「山倉ダム」

関連記事

アクセスランキング

  1. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  2. 〈終了〉11/19(火)開催! 太陽光の今がわかる「PVビジネスセミナー」
  3. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
  4. 「FIT制度」の次のステップ「FIP制度」って?
  5. JPEA、破損した太陽光パネルを適正処分できる企業一覧を公表
  6. 12/3(火)開催PVビジネスセミナー「主力電源化への展望と高効率モジュールの役割」
  7. 地域を潤す再エネ事業「シュタットベルケ」の神髄がここに!
  8. 「再エネ海域利用法」とは? 新法の狙いと仕組みを解説
  9. 風車の種類は大きく2種類!? 風力発電入門講座
  10. 経産省、「発電側基本料金」の導入へ! 全発電種にkW一律の課金・調整措置の行方は?

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.31 / ¥0
2019年10月31日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース