太陽光発電

グループの強みでエネルギーを統合したデザイン開発へ

香港を本社とし、世界各国に支社を展開する世界有数の太陽電池材料メーカー、GCL。今回はジーシーエル・ソーラー・ジャパン株式会社のCEOであるLUO XIN氏に日本市場における今後の太陽光マーケットの展開を伺った。

日本市場に合わせた製品設計で
より発展したソリューション提供へ

私たちGCLは時々、モジュールメーカーの1つだと勘違いされることがあります。しかし、当社の事業は製造業にとどまりません。当社が現在注力している事業は、1つは効率的な住宅用のシステム、もう1つはエナジーソリューションの統合です。創エネ、省エネ、蓄エネなどを全て統合し、モニタリングや蓄電池などを含んだパッケージの開発を進めています。それを家庭などで活用していただくことを目指しています。

現在、多くの日本のパートナーと太陽光発電関連事業を進めていますが、どうすれば日本市場に当社の製品をフィットできるかを考えながら、より効率的な設計を追求しています。最近では屋根上を活用する新製品を開発し、特にモジュールには力を入れました。

高い発電効率を発揮できる両面ガラスのシリーズなどを揃え、屋根上を含めて今年は300~400MWの販売を目標に掲げています。製造業は当社のベース事業ですが、他にEPCサービス、エンジニアリング、IPPの会社もあり、これらを統合してより発展したソリューションを提供したいと考えています。

プロフィール

ジーシーエル・ソーラー・ジャパン株式会社 CEO
LUO XIN氏

 


取材・文/廣町公則、大根田康介

SOLAR JOURNAL vol.25(2018年春号)より転載

関連記事

アクセスランキング

  1. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  2. コロナによる電力需要減を受け、日本でも「再エネ主力電源化先取り」の兆しが!...
  3. まるでスクーター! オランダ発、屋根上パネル搭載の小型EVが登場!
  4. 出展社募集中! 業界初の太陽光発電の「オンライン展示会」開催が決定!...
  5. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
  6. 風車の種類は大きく2種類!? 風力発電入門講座
  7. 「再エネ海域利用法」とは? 新法の狙いと仕組みを解説
  8. コロナ禍で広がる経済への影響。世界と再エネの展望は「安全、安心」が開く...
  9. 温室効果ガス排出量は2018年度も減少! 国内企業の脱炭素化も、より活発に...
  10. JPEA、破損した太陽光パネルを適正処分できる企業一覧を公表

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.33 / ¥0
2020年4月30日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース