太陽光発電

【シンポジウムレポート】次世代パワエレで太陽光発電を最適化!

太陽光発電システムのポテンシャルを最大限に引き出す、いま注目のソリューション「次世代パワエレ」。ソーラージャーナルは2018年4月26日、日本初となる事業者向け次世代パワエレシンポジウムを開催した。次世代パワエレが切り拓く、PVビジネスの新たなる地平とは?

MLPE/SLPEの
パイオニア企業が一堂に

次世代パワエレとは、太陽光発電システムの最適化をモジュールレベルで実現するMLPE(モジュールレベルパワーエレクトロニクス)と、ストリングレベルで実現するSLPE(ストリングレベルパワーエレクトロニクス)の総称。従来型のモジュールとパワコンだけでは得られなかった、様々なメリットをもたらしてくれる革新的ソリューションだ。

本シンポジウム(主催:ソーラージャーナル)は、次世代パワエレのパイオニア企業4社(ソーラーエッジテクノロジージャパン、アンプトジャパン、ニプロン、タイゴエナジー)から講師を招き、パワーエレクトロニクスの最新状況を明らかにした。それぞれの講演とともに、4社によるパネルディスカッションもあり、ビジネスに直結する内容となった。

基調講演には、日本における次世代パワエレの第一人者、稲葉道彦氏(東芝エネルギーシステム株式会社 エネルギーアグリゲーション統括部)が登壇。エンディングでは、産総研の近藤道雄氏(産業技術総合研究所 福島再生可能エネルギー研究所)が、太陽光発電システムの将来像を描き出した。

会場となったメルパルク東京(港区)には、EPC、メーカー、販売・施工会社などPV関連事業者120人超が全国から参集。休憩中やシンポジウム後のネットワーキングディナー(懇談会)でも情報交換やビジネスマッチングが活発に繰り広げられ、活気あふれる一日となった。

講演テーマ・講演者は、次の通り──

①基調講演「Module Level Power Electronics(MLPE), String LPE の勧め」
東芝エネルギーシステムズ株式会社 エネルギーアグリゲーション統括部 技術エキスパート 稲葉道彦氏

②「ソーラーエッジDC最適化パワーコンディショナ・ソリューション」
ソーラーエッジテクノロジージャパン株式会社 アシスタントディレクター・テクニカルマーケティング 永沢健氏

③「DCパワエレ技術による太陽光発電所の最適化とリパワリング」
アンプトジャパン日本支社長 近藤茂樹氏

④「PVマキシマイザーが描く太陽光発電の未来」
株式会社ニプロン 本部営業部 次長 GPプロジェクトリーダー 鈴木利宏氏

⑤「Flex MLPE(フレックス モジュールレベルパワーエレクトロニクス)」
Tigo Energy Inc. CEO ツヴィ・アロン氏

⑥「太陽光発電システムにおける これからのキーテクノロジーとしてのパワーエレクトロニクス」
産業技術総合研究所 福島再生可能エネルギー研究所 上席イノベーションコーディネータ 近藤道雄氏

以下、各講演の内容をダイジェストでお届け!

12

関連記事

アクセスランキング

  1. 1位はあの国!? 風力発電導入量の国別ランキング!
  2. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  3. 経産省、「発電側基本料金」の導入へ! 全発電種にkW一律の課金・調整措置の行方は?
  4. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
  5. 再エネ先進国は、蓄電池導入コストが電力料金を下回る「蓄電池パリティ」へ
  6. 欧州一の売上を誇るSonnen社の蓄電池システムとは?
  7. 風車の種類は大きく2種類!? 風力発電入門講座
  8. 地域を潤す再エネ事業「シュタットベルケ」の神髄がここに!
  9. 「FIT制度」の次のステップ「FIP制度」って?
  10. 「再エネ海域利用法」とは? 新法の狙いと仕組みを解説
産運用EXPO2020

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.31 / ¥0
2019年10月31日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース