太陽光発電

PVセカンダリー市場の準備を! 既存発電所の価値を高める方法とは?

太陽光発電所の増加に伴って、セカンダリー市場の拡大が予測されている。ストリングレベルで発電を最適化し、発電所の価値を高める「Amptストリングオプティマイザ」の活用法をご紹介しよう。

発電量UP・O&M効率化で
太陽光発電所の価値を高める

ストリングレベルで発電を最適化するDC/DCコンバーター「Amptストリングオプティマイザ」。新規・既存に関わらず、発電最適化やO&Mの効率化などによって発電所の価値を高められる、いま注目のソリューションだ。

Amptストリングオプティマイザ

稼働済みの発電所にも簡単に後付けでき、影や向きなどのばらつきによって生じる発電のミスマッチを低減。発電量を向上させる。

また、ストリングレベルでの詳細なモニタリングが可能となるため、パワコンレベルよりも精度の高い遠隔監視システムを構築し、O&Mの効率化を実現することもできる。

さらに、旧式の600V系パワコンを使用している発電所では、Amptオプティマイザを追加することで、パネルの直列数を変えることなく新型の1000V系パワコンに変更可能。発電ミスマッチも低減できるため、パワコンの変換効率向上とトータルで4・5%〜6・5%もの発電量UPが見込めるのだ。

拡大が予測されるセカンダリー市場を見据え、ぜひ導入を検討したい製品だ。

活用法1:既存システムに
Amptストリングオプティマイザを追加

既存の太陽光発電所にも容易に後付できるのがAmptストリングオプティマイザの特長だ。ストリングごとに発電を最適化することで、発電量をUPさせ、発電所の価値を高める。

Ampt追加後、発電量が2.4%アップ!


設置場所:大分県 パワコン:TMEIC 500kW(600V)
連系開始:2018年2月 Ampt追加:2018年6月

 

12

関連記事

アクセスランキング

  1. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
  2. 日本企業が「RE100」に続々と加盟、各社のエネルギー計画は?
  3. JPEA、破損した太陽光パネルを適正処分できる企業一覧を公表
  4. 風車の種類は大きく2種類!? 風力発電入門講座
  5. 太陽光発電は全量買取から”余剰買取”へ! 工場はさらにメリット大
  6. 住宅用太陽光に新機軸、パネル1枚からでも設置可能に!
  7. 2019年春スタートの「森林経営管理制度」バイオマスへの影響は?
  8. 2030年度には電力小売事業の「PPA」が市場規模400倍に
  9. 新電力は”不健全なビジネス”か? 福島電力の破綻が意味すること
  10. FIT買い取り期間終了後はどうなる? 再エネ自立化へ向け自家消費が牽引
  アンプトジャパン ソーラーエッジ タイゴエナジー ジンコソーラー ライセンエネルギー  

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.28 / ¥0
2019年1月31日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース