太陽光発電

4.5GWのソーラーエネルギーを欧州へ輸出! サハラ砂漠の新プロジェクト

チュニジア・サハラ砂漠の特性を利用した、新たなエネルギープロジェクトが進行中だ。太陽光発電によって生み出した電力を、イタリアやフランス、マルタなどのヨーロッパ諸国へ供給するという。

アイキャッチ:©Nur Energie Ltd.

砂漠で生み出したエネルギーを
他国へ供給

北アフリカのチュニジアで、4.5GW規模のソーラーエネルギーを欧州に輸出するプロジェクトが進行している。

チュニジア南西部のサハラ砂漠に建設中の太陽光発電所で発電したソーラー電力を、海底ケーブルによってイタリアやフランス、マルタに供給する仕組みだ。

©Nur Energie Ltd.

サハラ砂漠では、中欧に比べて2倍のソーラーエネルギーを発電できることから、投資効率がよく、チュニジアの経済振興にも寄与すると期待が寄せられている。

DATA

Nur Energie


文/松岡由希子

SOLAR JOURNAL vol.26(2018年夏号)より転載

関連記事

アクセスランキング

  1. 沖縄本島初! 蓄電システム付き太陽光発電所完成!
  2. JPEA、破損した太陽光パネルを適正処分できる企業一覧を公表
  3. 日本企業が「RE100」に続々と加盟、各社のエネルギー計画は?
  4. 水上ソーラーに注目! 全国21万ヶ所・フラットで造成不要
  5. 「2019年問題」専用サイト開設! エネ庁が注意喚起と情報提供
  6. 水面だけで40GW!? ため池ソーラーがブームとなるか?
  7. 【最新】2018年度、新FIT買取価格が決定! 割賦金単価も
  8. 太陽光FIT制度、既存案件の買取金額を減額へ! 「未稼働案件」対象に
  9. 2019年度のFIT調達価格は14円/kWh! 前年度から2割超の大幅減額に!
  10. 一般海域占有期間が最長30年に! 洋上風力発電の新法案とメリットとは

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.28 / ¥0
2019年1月31日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース