太陽光発電

4.5GWのソーラーエネルギーを欧州へ輸出! サハラ砂漠の新プロジェクト

チュニジア・サハラ砂漠の特性を利用した、新たなエネルギープロジェクトが進行中だ。太陽光発電によって生み出した電力を、イタリアやフランス、マルタなどのヨーロッパ諸国へ供給するという。

アイキャッチ:©Nur Energie Ltd.

砂漠で生み出したエネルギーを
他国へ供給

北アフリカのチュニジアで、4.5GW規模のソーラーエネルギーを欧州に輸出するプロジェクトが進行している。

チュニジア南西部のサハラ砂漠に建設中の太陽光発電所で発電したソーラー電力を、海底ケーブルによってイタリアやフランス、マルタに供給する仕組みだ。

©Nur Energie Ltd.

サハラ砂漠では、中欧に比べて2倍のソーラーエネルギーを発電できることから、投資効率がよく、チュニジアの経済振興にも寄与すると期待が寄せられている。

DATA

Nur Energie


文/松岡由希子

SOLAR JOURNAL vol.26(2018年夏号)より転載

関連記事

アクセスランキング

  1. 頻繁に変更される未稼働案件ルール、今度は「変更整理表」更新
  2. 小泉元首相も注目の「太陽光発電事業者連盟」が発足、今後の活動は?
  3. 東北電力「出力制御の準備」訴え、来春には再エネ電力が需要の65%に
  4. SUNGROWが新製品2機種を発表! 本誌連載中の飯田氏が基調講演も!
  5. 発電量を最大化するモニタリングシステムとは? 導入企業も多数!
  6. 太陽電池モジュールを巡る、米国における”貿易摩擦”と”輸入制限”
  7. 大手電力会社の「卒FIT」対応は? 転機の2019年を前に第一報が続々!
  8. ソーラービニールハウスも大好評! BSLがパネル架台の可能性を切り拓く
  9. 2019年1月16日開催! 太陽光の今がわかる「PVビジネスセミナー」
  10. インドが太陽電池モジュールのセーフガード課税を実施、影響は短期的?

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.27 / ¥0
2018年10月31日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース