注目キーワード

太陽光発電

注目の「太陽光発電+蓄電池」イベントが、10月29日から大阪で開催!

日本の太陽光発電および蓄電池マーケットに焦点を当てた「Japan Solar + Energy Storage Congress 2018」が10月29日・30日に大阪で開催される。日本で数多く開催されている太陽光発電カンファレンスの中でも最大規模、ビジネスチャンスを求めて、業界のリーダーたちが集まるイベントだ。

2015年から世界各地で開催
新興国や成熟市場へ進出

2015年から毎年1回開催されている「Japan Solar + Energy Storage Congress」は、太陽光発電全般に関する最新の政策や法律、トレンド、世界の動向、ビジネスチャンスなど、業界の課題について話し合うカンファレンスだ。

これまで、西オーストラリア州エネルギー大臣マイケル・ナハン(Michael Nahan)氏やフィリピンエネルギー事務総長アルフォンソ・クシ(Alfonso Cusi)氏など、有名ゲストが登壇してきた。

今回、大阪で開催されるカンファレンスでは、日本国内の主要プレーヤーである日本市場における投資と資金調達開発者やネットワークプロバイダー、研究開発者、政策立案者、発電事業者などが参加する予定だ。ソーラーエネルギーの貯蔵に関する新制度や最先端の技術、日本における再生可能エネルギーのビジネスチャンスなどについて意見を交換する場となる。

今回特に注目したいトピックは次の5つだ。
「日本現在の政策と、2020年の目標達成への進捗状況を見渡す」
「遠隔地へのソーラーエネルギーを提供するチャンスと課題」
「国際ソーラーエネルギー市場と日本への影響」
「電力需要と供給のバランスをとる」
「電力貯蔵技術と再生可能エネルギーを応用する仮想発電所VPP」

開催まで、あとわずか。太陽エネルギー貯蔵市場を学びにぜひ参加してみてほしい。

 

開催概要

日時:10/29(水)・10/30(木)9:00-17:00
場所:ハイアット・リージェンシー大阪

問い合わせ

Japan Solar + Energy Storage Congress 2018
Tel: +86 21 6143 2105

 

関連記事

太陽光関連メーカー一覧

アクセスランキング

  1. 「ノンファーム型接続」とは? 再エネ拡大のカギ握る送電ルール見直し
  2. 「体力」を「電力」に――。“系統連系”できる自家発電型フィットネスバイク...
  3. 自家消費の次なる手段「自己託送」のメリット・デメリット
  4. 自分の電気で自宅で過ごそう! 我が家で自家消費をするための準備は?
  5. 日本唯一の卸電力取引所「JEPX」とは? 取引価格はどう決まる?
  6. カーボンニュートラル宣言から10ヶ月「なぜ脱炭素が必要なのか」原点に戻って考える...
  7. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  8. 改正温対法の「ポジティブゾーニング」とは? 許認可をワンストップとする特例も...
  9. 養殖マグロで発電!? 小学生のエネルギー戦略が凄い!
  10. 太陽光発電、導入量米国No.1! カリフォルニア州の注目制度、CSIとは

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.38 | ¥0
2021/7/30発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース