太陽光発電

太陽光発電と音楽が融合!? 中津川の「再エネ・フェス」が大盛況!

"太陽光発電による音楽フェス"をテーマにスタートした「中津川 THE SOLAR BUDOKAN」。2012年から続くこの音楽フェスが、2018年9月22日・23日の2日間に渡って大々的に開催された。その様子をレポート!

太陽のエネルギーを
みんなのパワーに!!

THE SOLAR BUDOKANは、場所を岐阜県中津川の広大な野外ステージに移して、今回で6回目を数える、日本随一にして、いわば「元祖」とも言える再エネ・フェスである。

広大な会場内の5箇所に設置された太陽光発電パネルは579枚。総容量147.44kW。発電量は1日あたり約450kWh、併用される蓄電池(enenova12.6kWh×43台、RA3.7kWh×10台)の総容量は578.8kWh。

6つ設けられたステージの楽器電源は全て太陽光発電によるエネルギーによって賄われ、さらにそのうち4つのステージで音響も、2つのステージでは照明電源までもが賄われている。不足分についても、バイオディーゼルやグリーン電力証書を活用し、そのグリーンエナジーへのこだわりは徹底している。

昨年に続き3万人規模の来場者を集めたことを見ても、数ある夏フェスの中で確固たるポジションを確保していることは明白だが、内容も年々充実を重ね、今後は開催地を増やしていくとの情報もリリースされ、さらなる盛り上がりに期待が膨らむ。

家族づれの来場者も多く、その度合いは様々だとしても、少なからずエネルギー問題に関心を持つ人々が集まることで醸し出されるピースフルな雰囲気は、間違いなく近い将来の日本のフェスの、ひとつの理想像に違いない。

フェスの中心である音楽には、電力(エネルギー)は欠かせない。だからこそ、双方のカルチャーが見事に融合した当フェスの意味は深い。


取材・文/畑山護之(partisan)

SOLAR JOURNAL vol.27(2018年秋号)より転載

関連記事

アクセスランキング

  1. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
  2. JPEA、破損した太陽光パネルを適正処分できる企業一覧を公表
  3. 日本企業が「RE100」に続々と加盟、各社のエネルギー計画は?
  4. 風車の種類は大きく2種類!? 風力発電入門講座
  5. 太陽光発電は全量買取から”余剰買取”へ! 工場はさらにメリット大
  6. 2019年春スタートの「森林経営管理制度」バイオマスへの影響は?
  7. 住宅用太陽光に新機軸、パネル1枚からでも設置可能に!
  8. 新電力は”不健全なビジネス”か? 福島電力の破綻が意味すること
  9. 2030年度には電力小売事業の「PPA」が市場規模400倍に
  10. FIT買い取り期間終了後はどうなる? 再エネ自立化へ向け自家消費が牽引
  アンプトジャパン ソーラーエッジ タイゴエナジー ジンコソーラー ライセンエネルギー  

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.29 / ¥0
2019年4月26日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース