太陽光発電

太陽光を動力に環境負荷を軽減! 世界初の「ソーラーヨット」登場

スイスメーカーが、世界初のソーラーヨット「ソーラーインパクトヨットAG」を開発! 環境に優しいのはもちろんのこと、船の"揺れ"が少なくほぼ無音で、乗り心地の良さも文句なしだ。

太陽光が原動力!
環境に優しいヨット

太陽光を動力源とする世界初の外洋航行仕様ソーラーヨット「ソーラーインパクトヨットAG」が発表された。モダンなデザイン、豪華な住環境、サステナビリティを兼ね備えた環境トレンドに沿った船だ。

荒れた海への対応力と船自体の静粛性も特徴。ほぼ無音、かつ構造上喫水線が絞り込まれている小水線面積双胴船という形態を採用したことで、船の揺れもない。主動力は太陽光で賄われるため大幅なエネルギー消費の削減にも成功した。

©SOLARIMPACT AG

 

DATA

SOLARIMPACT


文/Yukinobu Kato

SOLAR JOURNAL vol.27(2018年秋号)より転載

関連記事

アクセスランキング

  1. 発電量を最大化するモニタリングシステムとは? 導入企業も多数!
  2. O&M協議会、初の技術セミナー「驚きのトラブルと解決法」が多数!
  3. 大手電力会社の「卒FIT」対応は? 転機の2019年を前に第一報が続々!
  4. ソーラーシェアリング特集号第2弾! アースジャーナルvol.06発売
  5. 太陽電池モジュールを巡る、米国における”貿易摩擦”と”輸入制限”
  6. JPEA、破損した太陽光パネルを適正処分できる企業一覧を公表
  7. 東北電力「出力制御の準備」訴え、来春には再エネ電力が需要の65%に
  8. 頻繁に変更される未稼働案件ルール、今度は「変更整理表」更新
  9. エネ庁が未稼働案件への対応決定、「価格切り下げ」の原則は変わらず
  10. 出力制御は珍しいことではない? 再エネ先進国では”ごく日常的”

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.27 / ¥0
2018年10月31日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース