太陽光発電

太陽光を動力に環境負荷を軽減! 世界初の「ソーラーヨット」登場

スイスメーカーが、世界初のソーラーヨット「ソーラーインパクトヨットAG」を開発! 環境に優しいのはもちろんのこと、船の"揺れ"が少なくほぼ無音で、乗り心地の良さも文句なしだ。

太陽光が原動力!
環境に優しいヨット

太陽光を動力源とする世界初の外洋航行仕様ソーラーヨット「ソーラーインパクトヨットAG」が発表された。モダンなデザイン、豪華な住環境、サステナビリティを兼ね備えた環境トレンドに沿った船だ。

荒れた海への対応力と船自体の静粛性も特徴。ほぼ無音、かつ構造上喫水線が絞り込まれている小水線面積双胴船という形態を採用したことで、船の揺れもない。主動力は太陽光で賄われるため大幅なエネルギー消費の削減にも成功した。

©SOLARIMPACT AG

 

DATA

SOLARIMPACT


文/Yukinobu Kato

SOLAR JOURNAL vol.27(2018年秋号)より転載

関連記事

アクセスランキング

  1. 自治体新電力が巨大都市と連携!? 「久慈地域エネルギー」の事例
  2. 太陽光発電8設備が初の「FIT認定取り消し」 申請せずに発電事業を実施
  3. 日本企業が「RE100」に続々と加盟、各社のエネルギー計画は?
  4. JPEA、破損した太陽光パネルを適正処分できる企業一覧を公表
  5. 2019年度のFIT調達価格は14円/kWh! 前年度から2割超の大幅減額に!
  6. 重要なのは「安売り」ではない? 自治体新電力が生き残るポイントとは
  7. 4/16(火) 次世代パワエレシンポジウム+PVビジネスセミナー 同時開催!
  8. 「2019年問題」専用サイト開設! エネ庁が注意喚起と情報提供
  9. 地域を潤す再エネ事業「シュタットベルケ」の神髄がここに!
  10. 風車の種類は大きく2種類!? 風力発電入門講座

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.28 / ¥0
2019年1月31日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース