太陽光発電

目指すは「日本市場シェアNo.1」大手モジュールメーカーの展望

中国の太陽光市場縮小について「当社への影響は小さい」と語った、ジンコソーラージャパン代表の孫威威氏。高効率で 低コストの太陽電池モジュールを提供することで、2019年には日本市場シェアNo.1を目指すという。

400W量産シリーズを発売し
日本シェア20%を目指す

まず、中国市場の縮小について報道がなされていますが、当社への影響はほとんどありません。というのも、ジンコソーラーは広くグローバルに展開しており、中東が30%、その他アフリカやラテンアメリカが多くを占め、中国市場への供給は全体の20%程度にとどまっているからです。懸念を感じておられる方もいらっしゃるかと思いますので、改めてお伝えしたいと思います。

さて、RE100に代表されるように、再エネ導入に向けたグローバルな動きは加速しており、日本も例外ではありません。メガソーラーは2020年頃に落ち着きをみせ、その後は自家消費モデルに中心が移っていくと予測しています。当社は、大手メーカーの工場屋根を活用した自家消費モデルなど、具体的な取り組みを進めています。

今年9月、業界初となる400W量産モジュール「チータ」シリーズの提供を開始しました。発電出力はもちろん、価格面でも十分に競争力のあるラインナップを揃えました。2019年に日本市場に供給される製品はその1/2が、グローバルでは1/4がチータシリーズになる見込みです。

当社は、2019年の「日本市場シェアNo.1」を目標に掲げ、鋭意努力しています。高効率かつ低コストのモジュールをお届けできるよう、これからも尽力してまいります。引き続きジンコソーラーにご期待ください。

プロフィール

ジンコソーラージャパン株式会社

代表取締役社長 孫 威威氏


SOLAR JOURNAL vol.27(2018年秋号)より転載

関連記事

アクセスランキング

  1. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
  2. JPEA、破損した太陽光パネルを適正処分できる企業一覧を公表
  3. 日本企業が「RE100」に続々と加盟、各社のエネルギー計画は?
  4. 風車の種類は大きく2種類!? 風力発電入門講座
  5. 太陽光発電は全量買取から”余剰買取”へ! 工場はさらにメリット大
  6. 2019年春スタートの「森林経営管理制度」バイオマスへの影響は?
  7. 住宅用太陽光に新機軸、パネル1枚からでも設置可能に!
  8. 新電力は”不健全なビジネス”か? 福島電力の破綻が意味すること
  9. 2030年度には電力小売事業の「PPA」が市場規模400倍に
  10. FIT買い取り期間終了後はどうなる? 再エネ自立化へ向け自家消費が牽引
  アンプトジャパン ソーラーエッジ タイゴエナジー ジンコソーラー ライセンエネルギー  

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.29 / ¥0
2019年4月26日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース