注目キーワード

太陽光発電

世界初「ソーラー電動アシスト自転車」が誕生、走行可能距離は70km!?

フランスのスタートアップ企業が、太陽電池を動力とする「ソーラー電動アシスト自転車」を開発! 日当たり次第では40キロメートルまで走行でき、バッテリーを取り外して充電すれば、最大70キロメートルまで走行可能だ。

通勤時にも活用できる
便利で環境に優しい自転車

手軽に使えて経済的で環境に優しく、近場へのチョイ乗りにはとても便利な電動アシスト自転車。そこにもう一味加えた製品がフランスで発表された。フランスのスタートアップ企業ローリンが開発する世界初のソーラー電動アシスト自転車だ。


同社は元々、従来の自転車の前輪をモーター内蔵ホイールに取り替えるだけで、どの自転車でも簡単に電動アシスト自転車に変えられる製品の開発をしてきた。その電源を太陽光由来にしようと生まれたのがソーラー電動アシスト自転車だ。前輪ホイール部分とフレーム部分に備え付けられたソーラーパネルと内蔵のモーターをつなぐことで、発電を行うことができる。

ローリンの共同設立者アントワン・ダクルモン氏によると、イル・ド・フランス(パリを中心とした首都圏)の条件下では太陽光で1日平均17キロメートルの距離を走行でき、日当たり次第では40キロメートルまで可能。同地域では通勤の半数以上が5キロメートル以下であり、この走行距離は十分に満足できるものだという。バッテリーは取り外して充電ができ、最大で70キロメートルを走れる。

今秋、試作機の詳細が発表され、2019年春からはパリ市の南に隣接するモンルージュ市の市役所および郵便局へ職員用として10台が提供される。そこで製品テストが重ねられる予定だ。


Text >> Yukinobu Kato

関連記事

太陽光関連メーカー一覧

アクセスランキング

  1. 「ノンファーム型接続」とは? 再エネ拡大のカギ握る送電ルール見直し
  2. 「カーボンプライシング」とは何か? 小泉環境相、年明けから検討再開の意向...
  3. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  4. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
  5. 新電力は”不健全なビジネス”か? 福島電力の破綻が意味すること
  6. 【2021年度FIT】調達価格や入札対象の検討スタート。FIP対象区分も
  7. 自分の電気で自宅で過ごそう! 我が家で自家消費をするための準備は?
  8. 米気候変動政策、バイデン政権で環境分野へ巨額投資か。NEDOが予想
  9. 自家消費型太陽光ビジネスで勝つ! オンライン勉強会を1/27(水)に開催
  10. ついに、FITからFIPへ! 市場価格に上乗せされる「プレミアム」ってどう決まる?...

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.35 | ¥0
2020/10/31発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース