注目キーワード

太陽光発電

いよいよ開催! エネルギーコスト削減の専門展「ENEX 2019」

2030年のエネルギーミックス実現に向け、再生可能エネルギーを主力電源とする動きが始まっている。そんな中、1/30(水)から「ENEX2019 第43回地球環境とエネルギーの調和展」が開催される。

省エネ、新エネ技術から
支援サービスまで網羅した専門展

持続可能な開発目標「SDGs」や「RE100」など、脱炭素社会の構築に向けた動きが世界中で加速している。

「ENEX2019」 は、2030年のエネルギーミックス実現に向けた「再エネ主力電源化」の流れも背景に、「脱炭素社会へ向けたエネルギーミックス」 と題して開催。

需要側から供給事業者までエネルギーに対するさまざまなニーズ、課題に対し、省エネ対策や新エネルギー技術、支援サービスなど、エネルギーコスト削減の有効的な活用方法が見つかりそうだ。

HEMS、VPP、分散型エネルギー、電力システムに関する専門展「Smart Energy Japan2019」と、電力・ガス事業者のためのビジネスパートナリングの専門展「電力・ガス新ビジネスEXPO 2019」の2つも同時開催する。3つの展示会合計で、280社・団体が出展予定だ。

エネルギー事業者にとって新たなビジネスチャンスを手に入れる絶好の機会となっている。ぜひ、足を運んでみてほしい。

【開催概要】
●「ENEX2019 第43回地球環境とエネルギーの調和展」(主催:一般財団法人省エネルギーセンター)
●「Smart Energy Japan2019」(主催:株式会社JTBコミュニケーションデザイン)
●「電力・ガス新ビジネスEXPO 2019」(主催:一般財団法人省エネルギーセンター / 株式会社JTBコミュニケーションデザイン)
【開催日時】2019年1月30日(水)~ 2月1日(金)10:00~17:00
【会場】東京ビッグサイト
【展示規模(3展示会合計)】280社・団体/400小間(予定)

問い合わせ

一般財団法人省エネルギーセンター
株式会社JTBコミュニケーションデザイン
ENEX2019 第43回地球環境とエネルギーの調和展

関連記事

太陽光関連メーカー一覧

アクセスランキング

  1. 「カーボンプライシング」とは何か? 小泉環境相、年明けから検討再開の意向...
  2. 「ノンファーム型接続」とは? 再エネ拡大のカギ握る送電ルール見直し
  3. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  4. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
  5. 【2021年度FIT】調達価格や入札対象の検討スタート。FIP対象区分も
  6. 新電力は”不健全なビジネス”か? 福島電力の破綻が意味すること
  7. 自分の電気で自宅で過ごそう! 我が家で自家消費をするための準備は?
  8. ついに、FITからFIPへ! 市場価格に上乗せされる「プレミアム」ってどう決まる?...
  9. 米気候変動政策、バイデン政権で環境分野へ巨額投資か。NEDOが予想
  10. 菅首相、所信表明で「2050年に温室効果ガス排出ゼロ」を宣言

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.35 | ¥0
2020/10/31発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース