太陽光発電

発電所の高効率化に最適! セラフィムソーラー「イクリプス」の魅力とは

FITの買取価格低減が進む中、より高品質なモジュールへとトレンドが移り変わっている。 そのトレンドを先取りした「イクリプス」シリーズを提供するセラフィムソーラージャパンの崔娟娟社長にその特長を聞いた。

革新的な設計と独自の技術で
高性能モジュールを開発

私達セラフィムソーラーは、世界トップレベルの先端技術を多数保有し、革新的なイノベーション力で高い投資リターンを提供している世界屈指のモジュールメーカーです。これまでに取得した特許数は100を超えました。

モジュールの累計出荷量は6GWで、グローバルでの年間製造能力は5Wです。南アフリカにある自社工場では、年間500MWのセルと500MWのモジュールを製造しています。米国やカナダ、日本、中国など30ヶ国にモジュールを提供し、世界中の太陽光発電所を支えています。

2016年に当社がリリースした「イクリプス」シリーズは、世界で初めて開発したシングルドセル技術を用いた高性能モジュールです。

「イクリプス」シリーズの
主な特長は?

メイングリッドを排除した、独自開発の太陽電池セル

革新的なモジュール構造やメインバスバーをなくした設計でセルの受光面積を広げ、精密な重ね合わせ技術などを駆使することで、1枚当たりの発電効率を向上させました。

イクリプスの量産モデルは、60セル相当で出力345W、72セル相当では出力410Wに達します。高効率HJTセルを採用したモデルでは、60セル相当で300セル相当で360wと、さらなる高出力を実現しました。イクリプスシリーズには、さらに発電量を20%増加できる両面発電モデルもラインナップしています。

BOSコスト・施工コストを低減

FITの買取価格が低減し続けるなか、BOSコストを抑えながら発電性能の高いパネルを選択して、生涯発電量とコストパフォーマンスを高めることが求められています。

イクリプス(日食)という名前には、たとえ月が太陽光をさえぎっても(太陽光が少ない状
況でも)高い発電能力を発揮できるように、という願いが込められています。イクリプスシリーズは、これからの太陽光発電所に最適なモジュールだと自負しています。

高効率でコストパフォーマンスにすぐれた発電所づくりに、ぜひ当社のモジュールをお役立てください。

PROFILE

セラフィムソーラージャパン
社長 崔娟娟氏

問い合わせ

株式会社セラフィムソーラージャパン


文/脇谷美佳子

SOLAR JOURNAL vol.29(2019年冬号)より転載

Sponsored by 株式会社セラフィムソーラージャパン

関連記事

アクセスランキング

  1. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  2. 「FIT制度」の次のステップ「FIP制度」って?
  3. JPEA、破損した太陽光パネルを適正処分できる企業一覧を公表
  4. 大好評「PVビジネスセミナー」9/24(火)に大阪で開催!
  5. 電力会社が再エネに注力! 重い腰が上がり始めた背景とは(前編)
  6. 経産省、「発電側基本料金」の導入へ! 全発電種にkW一律の課金・調整措置の行方は?
  7. 風車の種類は大きく2種類!? 風力発電入門講座
  8. 太陽光発電は全量買取から”余剰買取”へ! 工場はさらにメリット大
  9. 「再エネ海域利用法」とは? 新法の狙いと仕組みを解説
  10. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.30 / ¥0
2019年7月31日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース