太陽光発電

太陽光&水蒸気で水素を生成!? ベルギー発の画期的なパネルとは?

世界では日々最新の技術が生み出されている。ベルギーでは、太陽光と水蒸気から水素を生成するパネルの開発に成功した。このパネルによって何が実現できるのだろうか。

水素を生成させる
画期的なパネルが誕生!

ベルギーのルーヴェン・カトリック大学の研究チームは、太陽光と大気中の水蒸気から水素に生成するパネルの開発に成功した。1.6㎡のパネル1枚で1日あたり250ℓの水素を生成。

2019年冬の実証実験で一般住宅にこのパネルを12枚設置したところ、冬期の電気と暖房をこれでまかなうことができた。

このパネルの量産化は未着手だが、水素を高効率で生成するための画期的な手法として注目されている。


文/松岡由希子

SOLAR JOURNAL vol.29(2019年春号)より転載

関連記事

アクセスランキング

  1. 「FIT制度」の次のステップ「FIP制度」って?
  2. 7/24(水)開催! 太陽光の今がわかる「PVビジネスセミナー」
  3. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
  4. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  5. 太陽光&水蒸気で水素を生成!? ベルギー発の画期的なパネルとは?
  6. 風車の種類は大きく2種類!? 風力発電入門講座
  7. 太陽光発電で火災や感電事故が発生!? 必要な安全対策とは?
  8. JPEA、破損した太陽光パネルを適正処分できる企業一覧を公表
  9. 「再エネ海域利用法」とは? 新法の狙いと仕組みを解説
  10. 2019年春スタートの「森林経営管理制度」バイオマスへの影響は?

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.29 / ¥0
2019年4月26日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース