太陽光発電

中国で開催された世界最大の太陽光発電展示会「SNEC2019」を徹底レポート!

世界各国のキーパーソンが集結した世界最大の太陽光発電の展示会「SNEC 2019」のレポート。 今年の来場者数は前年比18%増と規模が拡大した。世界中が中国国内市場に注目する理由は? 資源総合システムの貝塚泉氏が、世界の再エネ情勢を読み解くコラム第6回(前編)。

» 前回の記事はコチラ

今年も規模が拡大し、大盛況のSNEC!

2019年6月3~6日に中国・上海において、「第13回SNEC International Photovoltaic Power Generation and Smart Energy Exhibition & Conference(SNEC 2019)」が開催された。昨年から会議のタイトルに「Smart Energy」が追加され、蓄電池や水素生成の応用などのセッションが開催されている。会期中には世界太陽光発電産業協会(GSC)及びアジア太陽光発電産業協会(APVIA)の総会も例年同様開催され、中国のみならず世界各国のキーパーソンが集結した。

 

SNECは、太陽光発電関連では世界最大規模の展示会であり、主催者の発表による出展者数は2018年の約1,800社から約2,000社に増加した。会場である上海国際博覧中心の全17ホール(200,000m 2 )が利用されていた。主催者発表による来場者数は前年比18%増の260,000人となった(2018年は220,000人)。ただし、中国政府から2019年の導入指針についての発表が遅れたためか、会場は昨年のほうが賑わっていたように感じられた。

世界中が中国に注目!

国際会議(6月3~6日)は、政策や市場及び先進技術、ファイナンス、マイクログリッドや蓄電池及び水素技術等に関するセッション、APVIAが主催する「Solar Leaders Dialogue」等など多岐にわたる内容で構成された。

前年と同様に中国国内市場への関心が非常に高かった。中国政府は2019年を補助金なしの自立市場への移行期と位置付けているが、中国政府による2019年の導入に関する指針の発表が遅れていた結果、1~5月はプロジェクト開発が進展せず、太陽光発電システム新規導入量は8GWに留まった。

 

2019年5月22日に、中国国家発展改革委員会(NDRC)と国家能源局(NEA)は、補助金を利用しないグリッド・パリティ・プロジェクトの選定結果を発表した。
16の省・自治区に割り当てられたプロジェクトの総容量は20.76GWで、内訳は風力発電プロジェクト56件・計4.51GW、太陽光発電プロジェクト168件・計14.78GW、分散型市場取引実証プロジェクト26件・計1.47GWとなっている。

発表が遅れたことで、14.78GWが2019年末までにすべて稼働開始する可能性は低いと考えられている。例えば、米・ROTH Capitalは、今回選定されたプロジェクトのうち2019年末までに完成するものは5GW以下で、残りは2020年以降に系統連系すると見ている。

DATA

SNEC

 


文/資源総合システム 調査事業部 部長 貝塚泉

関連記事

アクセスランキング

  1. 「FIT制度」の次のステップ「FIP制度」って?
  2. 風車の種類は大きく2種類!? 風力発電入門講座
  3. 原発が全停止目前!? 電力会社は再エネ発電に移行となるか(前編)
  4. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  5. 地域を潤す再エネ事業「シュタットベルケ」の神髄がここに!
  6. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
  7. 原発が全停止目前!? 電力会社は再エネ発電に移行となるか(後編)
  8. 「再エネ海域利用法」とは? 新法の狙いと仕組みを解説
  9. JPEA、破損した太陽光パネルを適正処分できる企業一覧を公表
  10. 1位はあの国!? 風力発電導入量の国別ランキング!

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.30 / ¥0
2019年7月31日発行

お詫びと訂正

  ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース