編集部からのお知らせ

ドイツ最大の太陽光発電見本市「インターソーラー・ヨーロッパ」が開催!

2018年6月20日より3日間にわたり、ミュンヘンでヨーロッパ最大の太陽光発電見本市「インターソーラーEU」が開催された。参加企業は1,177社、来場者数47,000名と、例年に引き続き大盛り上がりを見せた。出展ブースの様子をレポートする!

例年以上の盛り上がり!
ミュンヘン最大の太陽光発電見本市

2018年6月20日より3日間にわたり、ミュンヘンでヨーロッパ最大の太陽光発電見本市「インターソーラーEU」が開催された。参加企業は1,177社、来場者数47,000名と、例年に引き続き大盛り上がりを見せた。今年のインターソーラーは例年と違い、ザ・スマーター・イー・ヨーロッパ(The smarter E Europe)という名称で、イーイーエス・ヨーロッパ(ees Europe)の他にパワーツードライブ・ヨーロッパ(Power2Drive Europe)やイーエムパワー(EM-Power)と合同で開催された。

会期中は、革新的な業績を残した企業が表彰される「インターソーラーアワード」も実施。今後の太陽光発電事業の成長を促進させる取り組みを行ったとして、専門審査団の高い評価を得て、ABB、ハンファQセルズとクリナーソーラーが受賞した。

世界中の企業が出展
当日の様子を画像レポート!

会期中、数多くの出展企業の中でも、とくに盛況だったブースを紹介する。

ABB


AIDUO


Arctech Solar


ASTRONERGY


AXITEC


CanadianSolar


DELTA


EKO


ENPHASE

 

1234>

関連記事

太陽光関連メーカー一覧

アクセスランキング

  1. ペロブスカイト太陽電池、今月下旬に官民協議会を設立 導入目標を策定へ...
  2. 【終了】5/28(火) ケーブル盗難のリアルを知るための「太陽光のリスク管理」セミナー開催...
  3. 【FIPの進化形】時代はFIP移行+蓄電池へ! 新たなビジネスモデルを探る
  4. 太陽光発電所 銅線ケーブルの盗難被害が相次ぐ 銅の価格上昇が背景に
  5. 太陽光パネルの増設・更新を促進! 2024年度にルール見直し
  6. 【総務省が注意喚起】太陽光発電システムの不要電波による無線通信の妨害が約100件...
  7. 脱原発完遂のドイツの電源構成、どうなるエネルギー費の再高騰リスク?
  8. CO2OSは、最高の『技術サービス力』で厳しい業界をサバイブ‼【求人募集】...
  9. 初回の長期脱炭素電源オークション、976.6万kW約定。蓄電池で厳しい競争
  10. 専門家に聞いた! 日本に「垂直ソーラー」が必要な理由とは?
太陽光業界最新ニュース

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.49 | ¥0
2024/04/30発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ