注目キーワード

太陽光発電

ノルウェーの神秘的すぎる建物に注目! “世界初”の「ポジティブ・エナジー・ホテル」って?

自然の中に現れる、とても神秘的な建物。ノルウェーにオープンする、世界で初めてのポジティブ・エナジー・ホテル「スヴァルト」だ。

スヴァルト/Svart

ノルウェー北部スヴァルティセン氷河の麓に、2021年世界で初めてのポジティブ・エナジー・ホテル「スヴァルト」がオープンする。

ポジティブ・エナジー・ホテルとは、ホテル建設、開業後のエネルギー消費、耐用年数経過後の取り壊しなど、建物が使っていく量を上回るエネルギーを建物自体が生み出すホテルのこと。
 
ホテル名はダークブルーのスヴァルティセン氷河から、ノルウェー語で黒を意味するスヴァルトとした。ノルウェーの不動産会社ミリス、建築事務所スノヘッタ、そしてポジティブ・エナジー・ビルディングを推進するNGOパワーハウスがコラボした。



スヴァルトでは他の現代ホテルと比べて年間エネルギー消費量を85%削減。使用エネルギーはすべて太陽光でカバーする。ソーラーパネルを屋根に備えた円形デザインは氷河の浸食で削られたフィヨルドなど北極圏の雄大な自然をパノラマでき、現地の伝統的な沿岸建築をヒントに基礎杭などには木材が使われる。
 
氷河ハイキングやオーロラ鑑賞など、自然を楽しむアクティビティは自然に対して負担もかけてしまう。スヴァルトはそれらを少しでも減らすための、今後のツーリズムに対する回答の一つになっていくだろう。



©Snøhetta/Plompmozes


文/Yukinobu Kato

SOLAR JOURNAL vol.32(2020年冬号)より転載

関連記事

太陽光関連メーカー一覧

アクセスランキング

  1. 「カーボンプライシング」とは何か? 小泉環境相、年明けから検討再開の意向...
  2. 「ノンファーム型接続」とは? 再エネ拡大のカギ握る送電ルール見直し
  3. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  4. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
  5. 【2021年度FIT】調達価格や入札対象の検討スタート。FIP対象区分も
  6. 新電力は”不健全なビジネス”か? 福島電力の破綻が意味すること
  7. 自分の電気で自宅で過ごそう! 我が家で自家消費をするための準備は?
  8. ついに、FITからFIPへ! 市場価格に上乗せされる「プレミアム」ってどう決まる?...
  9. 米気候変動政策、バイデン政権で環境分野へ巨額投資か。NEDOが予想
  10. 菅首相、所信表明で「2050年に温室効果ガス排出ゼロ」を宣言

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.35 | ¥0
2020/10/31発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース