注目キーワード

太陽光発電

JPEAが新ビジョン発表! 2050年には太陽光が総需要の約30%に

太陽光発電協会(JPEA)が、2050年に向けた太陽光の普及に関するビジョンを発表。新たなビジョンでは、再生可能エネルギーへのシフトは想定以上のスピードで進んでいるとし、新型コロナウイルス・パンデミックを新しいエネルギー社会への転換点と位置づけた。

2050年に300GWの想定
80%削減を想定し上方修正

JPEAは5月18日、「感染症の危機を乗越え、あたらしい社会へ『太陽光発電の主力電源化への道筋』」と題したPV OUTLOOK2050を公表した。これは、日本のエネルギーの現状に対し、JPEAの見通しなどを独自に示したビジョンで、定期的に発表されている。前回発表されたビジョンは、2017年6月の「太陽光発電2050年の黎明」だった。

前回のビジョンでは、2050年の太陽光発電の導入量は200GW(ACベース)とされていた。しかし、この導入量では温室効果ガスの80%削減には至らないとされた。そのため今回のビジョンでは、標準ケースの200GWに加え、電化がさらに進んだ最大化ケースを想定し、300GW(ACベース)に見直された。最大化ケースとは、省エネや電化、電力の低炭素化に加え、蓄電池の大幅な導入を条件として想定している。

この導入量を踏まえ、2050年の電源構成における太陽光発電のシェアは、標準ケースで20%、最大化ケースで31%とされた。


費用対便益もシミュレーション
2035年には便益が上回る試算

さらに、太陽光発電を主力電源に位置づけることの費用対便益についても試算。再生可能エネルギー発電促進賦課金の抑制にとどまらない便益を明らかにしたい意図によるものだ。この試算では、太陽光発電の資本費や運転管理費、系統対策費を費用とし、火力発電の燃料コスト、CO2対策コストの削減分を便益としている。

試算によると、2050年単年度で温室効果ガスの削減が2.4兆円、化石燃料削減が2.7兆円の便益があるとされた。2012年以降の全設備を対象とすると、2035年からは便益が費用を上回るとしている。太陽光発電設備は、導入当初は費用が大きいものの、長期的な視点で費用対便益を議論することが重要と結論づけた。

今回のビジョンでは他にも、固定価格買取(FIT)期間満了後の卒FIT案件が、市場に統合される際の課題や対応策についても論じている。卒FIT後のビジネスとしては、発電される電力量のkWh価値よりも、需給調整市場における調整力や容量市場における供給力としての価値が重視されるとした。

また、住宅用太陽光に関しては、新築住宅への太陽光発電を100%設置とし、蓄電システム導入による自家消費比率や、災害などに強いレジリエンス性能の向上が課題として挙げられている。


DATA

JPEA PV OUTLOOK 2050 ”感染症の危機を乗越え、あたらしい社会へ「太陽光発電の主力電源化への道筋」”公開について


文:山下幸恵(office SOTO)

関連記事

太陽光関連メーカー一覧

アクセスランキング

  1. 4月27日、zoom開催決定!太陽光の新たな価値がわかる「PVビジネスセミナー」...
  2. 「ノンファーム型接続」とは? 再エネ拡大のカギ握る送電ルール見直し
  3. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
  4. 日本唯一の卸電力取引所「JEPX」とは? 取引価格はどう決まる?
  5. 自家消費の次なる手段「自己託送」のメリット・デメリット
  6. 自分の電気で自宅で過ごそう! 我が家で自家消費をするための準備は?
  7. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  8. 再エネ賦課金の2021年度単価が決定。再エネの自給自足に向け機運高まる
  9. エネルギー基本計画、2050年「再エネ5~6割」をたたき台に議論始まる
  10. 太陽光発電プロジェクト入札「世界最低価格」が更新

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.36 | ¥0
2021/1/30発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース