注目キーワード

太陽光発電

ジンコの「Tiger Pro」シリーズが、コストも設置面積も削減する!

ジンコソーラーが、矢継ぎ早に新型モジュールをリリースしている。昨年リリースされた「Tiger」シリーズに続き、この5月には「Tiger Pro」シリーズを発売。最大585Wという驚きの高出力だ。

発電所のあり方を変える
500Wを大きく超える出力

世界累計出荷量55GWを誇るモジュールメーカーの雄、ジンコソーラー。同社が今年5月にリリースしたのが、驚異の高出力で業界の注目をさらった「Tiger Pro」だ。

短辺は同じで長辺が異なる2つのサイズそれぞれに、片面/両面発電タイプを用意し、計4種類をラインナップ。片面発電タイプの最大出力は540Wと585W、両面発電タイプは535Wと580Wだ。両面発電タイプは裏面受光による発電で出力はさらに高まる。


裏面受光できる両面発電タイプでは、最大で25%も発電量がUP。LCOEのさらなる低減に貢献する。

これまでの常識を超えたこの高出力は、複数の最新技術を惜しみなく投入することで実現された。

ハーフセルは当然ながら、マイクロクラックを抑えて電流ロスを低減するマルチバスバー、入射した光を逃しにくい丸型リボン、セル間のギャップを除去するタイリングリボン技術。これらの複合的な結果によって、驚くべき出力が達成されたのだ。


従来の5本バスバーと比較して、バスバー間の距離が50%短くなる。そのため、マイクロクラックによる出力ロスを減少できる。

高出力モジュールの利点は、発電量が高まることだけではない。同じ発電量を得るために必要な枚数が減ることから、パネルの設置架台ほか各種部材が不要となり、それらの施工がなくなるため、BOSコストを削減できる。

さらに、狭小な土地や工場屋根など、限られた面積にパネルを設置する際、必要とする電力を一部のスペースで生み出せれば、残りを他の用途に使うこともできるだろう。

発電量を高め、BOSコストを削減し、限られたスペースを有効活用できる。野立ての太陽光発電所はもちろん、これから自家消費型の太陽光発電設備を導入する際にも、「Tiger Pro」の採用を検討しない手はない。

問い合わせ

ジンコソーラージャパン株式会社(東京)
東京都中央区京橋2丁目2番1号
京橋エドグラン9階
TEL:03-6262-6009
FAX:03-6262-3339

ジンコソーラージャパン株式会社(大阪)
大阪市中央区南本町1丁目8番14号
堺筋本町ビル6階
TEL:06-6125-5553
FAX:06-6125-5977


SOLAR JOURNAL vol.34(2020年夏号)より転載

Sponsored by ジンコソーラージャパン株式会社

関連記事

太陽光関連メーカー一覧

アクセスランキング

  1. 「カーボンプライシング」とは何か? 小泉環境相、年明けから検討再開の意向...
  2. 「ノンファーム型接続」とは? 再エネ拡大のカギ握る送電ルール見直し
  3. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  4. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
  5. 【2021年度FIT】調達価格や入札対象の検討スタート。FIP対象区分も
  6. 新電力は”不健全なビジネス”か? 福島電力の破綻が意味すること
  7. 自分の電気で自宅で過ごそう! 我が家で自家消費をするための準備は?
  8. ついに、FITからFIPへ! 市場価格に上乗せされる「プレミアム」ってどう決まる?...
  9. 米気候変動政策、バイデン政権で環境分野へ巨額投資か。NEDOが予想
  10. 菅首相、所信表明で「2050年に温室効果ガス排出ゼロ」を宣言

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.35 | ¥0
2020/10/31発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース