注目キーワード

太陽光発電

初期費用ゼロの「PPAモデル」って? 無料で太陽光発電を導入できる?

PPAモデルとは太陽光発電システムを、お金をかけずに導入する仕組み。「無料設置&自家消費」が、これからの太陽光の主流になる!?

導入コストは事業者持ち
自家消費にも「PPA」

太陽光発電設備を初期費用ゼロで導入できる仕組みとして、近年注目を集めている「PPAモデル」。自家消費向けシステムに関しても、PPAモデルは有効だ。

PPAとは、POWER PURCHACE AGREEMENTの略称。直訳すると電力購入契約だが、いま注目されているPPAモデルは、PPA事業者が顧客の建物の屋根に無料で太陽光発電設備を設置し、顧客は屋根上の太陽光で発電した電気をPPA事業者から購入するというもの。太陽光発電設備の所有権は、建物のオーナーである顧客ではなく、PPA事業者が有するため、「第三者保有モデル」とも呼ばれている。使った分だけ月々電気代はかかるが、初期費用ゼロ円で太陽光発電設備を設置できるのは魅力的だ。また、一定の契約期間(10年〜20年程度)が過ぎた太陽光発電設備は、多くの場合、顧客に無償で譲渡される。

蓄電システムを加えた
住宅向けサービスも

PPAモデルは、工場や事業所向けのものから住宅向けのものまで幅広く存在する。 

先ごろ発表されたハンファQセルズジャパンの住宅向け「蓄電使い放題プラン」のように、太陽光発電設備と蓄電システムをセットにしたPPAモデルも出てきている。このサービスの場合、太陽光でつくった電気を蓄電システムに貯められるので、夜間でも、停電時でも、太陽光の電気を使い続けることができる。しかも料金は、いくら使っても月々定額だ。もちろん、PPAモデルなので、初期費用はゼロ円。契約期間が終了する10年3ヶ月後には、システムすべてが無償譲渡される。 

再生可能エネルギーの導入拡大に向けて、導入のハードルを下げるPPAモデルに、多様なサービスが加わるのは喜ばしい。

蓄電使い放題プランのイメージ


出典:ハンファQセルズジャパン


取材・文/廣町公則

SOLAR JOURNAL vol.35(2020年秋号)より転載

関連記事

太陽光関連メーカー一覧

アクセスランキング

  1. 太陽光の廃棄費用、積立義務化が迫る! いくら? いつから? 徹底解説!
  2. 「ノンファーム型接続」とは? 再エネ拡大のカギ握る送電ルール見直し
  3. 日本唯一の卸電力取引所「JEPX」とは? 取引価格はどう決まる?
  4. 脱炭素社会の実現へ、2022年は波乱と格差の年になる?
  5. 自家消費の次なる手段「自己託送」のメリット・デメリット
  6. 自分の電気で自宅で過ごそう! 我が家で自家消費をするための準備は?
  7. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  8. 養殖マグロで発電!? 小学生のエネルギー戦略が凄い!
  9. 他社間の自己託送、ついに解禁! 組合設立や再エネ電源の新設などの要件とは?...
  10. 2022年度からの「オンライン代理制御」で何が変わる?  低圧含め5エリアで開始か...

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.39 | ¥0
2021/10/29発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース