太陽光発電

中国ではイチゴ・上海ガニも!営農型ソーラーで育てる

営農型ソーラーを取材中、「中国の方が日本よりも一歩進んでいる」という話を聞いた。中国を代表する2社に聞いてみると、意外や意外、果物や魚介類まであるという。営農型ソーラーでどんなものがどんな環境で育てられているのか。

太陽の恵みに感謝♪
おいしい果実が採れた!

世界第3位の太陽電池モジュールメーカーのジンコソーラーが、2014年に中国・江蘇省で15MWの営農型ソーラープロジェクトを始めました。発電所はもともと砂が多い荒地。農業経営専門家の指導の下、ブルーベリーやイチゴ、ナツメの木を植えました。果実を収獲し、また土壌に肥料をやって別の農作物を植えます。そうして土壌が肥沃になれば、より高い利益を得られる農作物が植えられるようになるということです。

sj_KAN20160828_2a sj_KAN20160828_2b

 

これこそ中国流営農型ソーラー
上海ガニが今日も大収穫!

中国・江蘇省にあるテルサン・ソーラーの工場からクルマで5分ほどいった先にある、「魚地水面ソーラー発電所」。もともとこの地域は、「魚と米のふるさと」と呼ばれており、米作りや上海ガニや淡水魚の養殖が盛ん。上海の高層ビルの風景とは違い、池や田んぼが美しい田園風景が広がっています。9.8MWの太陽光発電システムの下には、秋に上海ガニが穫れ、ほかに淡水魚、食用の青ザリガニが穫れる池が広がっています。

sj_KAN20160828_2d sj_KAN20160828_2c


取材・文/大根田康介

※『SOLAR JOURNAL』vol.14 より転載

関連記事

アクセスランキング

  1. 速報! 2020年度FIT買取価格・賦課金が決定! 低圧は認定要件も変更
  2. 太陽光の主力電源化に向けた“O&Mのあるべき姿”とは?
  3. なぜ、いま雑草対策なのか? 軽視できない太陽光発電所の“雑草問題”①...
  4. J-クレジット「再エネ発電」への人気上々。 卒FITも特例で認証へ
  5. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
  6. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  7. JPEA、破損した太陽光パネルを適正処分できる企業一覧を公表
  8. 「PV自家消費モデル」で伊藤忠が社内外の体制強化
  9. 既存のクルマを電気自動車に!? 改造EVが町にあふれる日(前編)
  10. 地域を潤す再エネ事業「シュタットベルケ」の神髄がここに!

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.32 / ¥0
2020年1月31日発行

お詫びと訂正

  ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース