注目キーワード

編集部からのお知らせ

ソーラーシェアリング発案者による著作の英語版『Solar Sharing』がkindle書籍として好評発売中!

ソーラーシェアリングの第一人者、長島彬氏の著作『ソーラーシェアリングのすすめ』を英訳版にして電子書籍化しました。その内容を一部ご紹介します!

「ソーラーシェアリング」とは、太陽のエネルギーを使って作物をつくりながら、同時に太陽光発電で電気もつくりだすという新しい経営スタイルです。農業×太陽光発電という組み合わせにより、持続可能な社会を実現する取り組みとして全国に広がりつつあります。

長島彬氏は、日本で初めてソーラーシェアリングを発案した人物。その著作、 『ソーラーシェアリングのすすめ』は、ソーラーシェアリングの実証実験結果や農家の売電収入、環境問題についてまとめられた1冊です。

その英訳版として、Solar Sharing(英語版)』をkindle出版しました。世界中のAmazonマーケットプレイスで好評発売中です!
 

 
(在住地域に対応するマーケットプレイスで本を購入可能。

例:アメリカ合衆国在住の読者はAmazon.com, 英国在住の読者はAmazon.co.uk、ドイツ在住の読者はAmazon.deなど)

気になる内容をCHECK!

ここでは『Solar Sharing(英語版)』の内容の一部をご紹介します。

目次ページ

先行事例から学ぶこと

計画の基本手順

ソーラーシェアリングの導入を検討している方や、基礎から知りたい、学びたいと考える方にオススメの1冊です。

 

関連記事

太陽光関連メーカー一覧

アクセスランキング

  1. 【参加無料】5月27日(金)「第22回PVビジネスセミナー」
  2. 新電力の撤退相次ぐ。電力契約のセーフティネット「最終保障供給」とは?...
  3. 太陽光の廃棄費用、積立義務化が迫る! いくら? いつから? 徹底解説!
  4. 日本唯一の卸電力取引所「JEPX」とは? 取引価格はどう決まる?
  5. 「ノンファーム型接続」とは? 再エネ拡大のカギ握る送電ルール見直し
  6. ファーウェイの住宅向け蓄電池が人気! 中小施設の自家消費ソリューションに。...
  7. 自分の電気で自宅で過ごそう! 我が家で自家消費をするための準備は?
  8. 自家消費の次なる手段「自己託送」のメリット・デメリット
  9. これが日本最大の風力発電所だ!出力80MW/年間発電量1億5000万kWh
  10. 養殖マグロで発電!? 小学生のエネルギー戦略が凄い!

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.41 | ¥0
2022/4/28発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース