注目キーワード

太陽光発電

東北電力、2021年GW中の太陽光出力制御せず。再エネ発電がエリア需要の約9割

2021年春の大型連休中、東北エリアの需要に対する再エネ発電比率は一時87.7%となった。東北電力送配電ネットワーク株式会社は火力発電やエリア外送電などによって、再エネの出力制御をせずに需給バランスを維持した。

再エネ比率が最大87%超に
火力抑制やエリア外送電で対応

多くの需要家が長期休暇に入る4~5月の大型連休は、太陽光が多く発電するシーズンでもある。そのため、電気の供給が需要を大きく上回る可能性が高まる。大型連休中の需給バランスの維持は、一般送配電事業者の大きな課題だ。

東北6県・新潟エリアでは、2021年春の大型連休期間中、再エネの出力制御をせずに需給バランスを維持した。5月13日、東北電力送配電ネットワーク株式会社が同期間の電力の需給状況を発表した。

(出典:東北電力送配電ネットワーク株式会社)

東北のエリア需要に対する再エネ発電比率が、連休中にもっとも高い87.7%となったのは、5月4日(火・祝)の11~12時だった。このときの供給力は再エネや火力、水力などを合わせて1,072万kW。これに対して東北エリアの需要は724万kWだった。

東北電力送配電ネットワーク株式会社は、火力発電の出力抑制とともにエリア外への送電や揚水発電設備、蓄電池などの稼働によって需要を調整した。これによって需要側も1,072万kWとなり、需給バランスが保たれた。(参考『東北6県・新潟エリアにおける大型連休期間中の需給状況について|東北電力ネットワーク』)

東北に加え北海道でも見通し開示
再エネ出力制御への備えじわじわ

今年3月16日、東北電力送配電ネットワーク株式会社はウェブサイト上で「再生可能エネルギー出力制御見通し」の掲載を始めた。翌日から3日後までに出力制御を行う可能性を当日の夕方に開示している。

また、東北エリア以外でも出力制御の実施に向けた準備が進んでいる。北海道電力ネットワーク株式会社も4月26日から同様の掲載をスタートしたばかりだ。再エネの出力制御に関する動向を今後も注視したい。

DATA

東北電力送配電ネットワーク株式会社


文:山下幸恵(office SOTO)

関連記事

太陽光関連メーカー一覧

アクセスランキング

  1. 自家消費の次なる手段「自己託送」のメリット・デメリット
  2. 「ノンファーム型接続」とは? 再エネ拡大のカギ握る送電ルール見直し
  3. 自分の電気で自宅で過ごそう! 我が家で自家消費をするための準備は?
  4. 日本唯一の卸電力取引所「JEPX」とは? 取引価格はどう決まる?
  5. 養殖マグロで発電!? 小学生のエネルギー戦略が凄い!
  6. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
  7. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  8. 未稼働案件のFIT認定失効制度、運転開始期限を見直し。太陽光以外にも適用...
  9. 自己託送を「日本版コーポレートPPA」に。経済産業省が要件の見直しスタート...
  10. 【続報】発電側基本料金、電力量にも課金へ。容量課金とは1対1の比率

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.37 | ¥0
2021/4/30発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース