太陽光発電

今年中に理解したい! 改正FIT法の影響

017_021_toku6

FIT電気は
卸電力取引市場へ

今後、FIT電気を調達したい小売電気事業者はどうしたら良いのか。再エネ由来の電気を買いたいという消費者のニーズに、小売電気事業者はどのように応えることができるのか。

改正FIT法では、小売電気事業者によるFIT電気の調達(仕入れ)に関して、2つのパターンが想定されている。1つは、卸電力取引市場での買い付け(図1)。送配電事業者が手に入れたFIT電気は、原則として、卸電力取引市場を経由して小売電気事業者に引き渡すこととされている。

ただし、卸電力取引市場で取引される電力にはFIT電気等の区別はなく、すべて同じものとして扱われてしまう。現状では、FIT電気だけを選んで仕入れることはできない。FIT改正とともに、卸電力取引市場のルールにも見直しが求められるところだ。

123

関連記事

2016/06/29 | 政策・マーケット

新FITが動き出す[後編]

アクセスランキング

  1. 「FIT制度」の次のステップ「FIP制度」って?
  2. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  3. 電力会社が再エネに注力! 重い腰が上がり始めた背景とは(前編)
  4. 大好評「PVビジネスセミナー」9/24(火)に大阪で開催!
  5. JPEA、破損した太陽光パネルを適正処分できる企業一覧を公表
  6. 風車の種類は大きく2種類!? 風力発電入門講座
  7. 経産省、「発電側基本料金」の導入へ! 全発電種にkW一律の課金・調整措置の行方は?
  8. 太陽光発電は全量買取から”余剰買取”へ! 工場はさらにメリット大
  9. 「再エネ海域利用法」とは? 新法の狙いと仕組みを解説
  10. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.30 / ¥0
2019年7月31日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース