注目キーワード

太陽光発電

ジンコソーラーが水素社会実現を支援! ソーラー水素製造プロジェクトとは?

ジンコソーラーが、「ソーラー水素製造プロジェクト」でグリーン水素の早期商用化を支援する。同社製パネル「Tiger Pro」のLCOEの低さが水素の製造コストを引き下げ、カーボンニュートラルを牽引する。

メイン画像:ソーラー水素製造プロジェクトの建設イメージ

課題は水素の製造コスト
ジンコの低LCOEが貢献

太陽光発電で生んだ電気でクリーンに水素を製造

2021年10月14日、太陽光パネルのトップメーカーであるジンコソーラーが、中国の「ソーラー水素製造プロジェクト」のサプライヤーに決定した。同プロジェクトでは、太陽光発電による電気で水を分解し、水素をつくる。このように再生可能エネルギーでつくられた水素はグリーン水素と呼ばれ、CO2を発生させない水素の製造方法として注目される。一方、化石燃料による電気で水素をつくる場合、排出されたCO2を回収しなければならない。こうしてつくられた水素をブルー水素と呼ぶ。

ジンコソーラーが落札した「ソーラー水素製造プロジェクト」は、中国の石油大手である中国石油化工股份有限公司(中国石化)の2.1GWの太陽光発電によるグリーン水素プロジェクトだ。中国では、石油大手などがグリーン水素の製造に事業の転換を図っているという。今回のプロジェクトは、中国石化にとって初めての太陽光パネルの大量発注だった。


建設中の中国石化の「ソーラー水素製造プロジェクト」には、水素製造施設の真横に2.1GWのメガソーラーが立ち並ぶ。同社は2025年までに46億ドルを水素分野に投じると報じられている。

このプロジェクトには、ジンコソーラーの「Tiger Pro」が採用された。モジュール変換効率21.4%超を誇るジンコソーラーの主力製品だ。セル間のギャップをなくした丸型リボン技術や、影の影響を低減させるハーフセル技術によって、高いモジュール変換効率を実現する。

再生可能エネルギーで水素をつくるグリーン水素の製造では、発電コストの低い太陽光発電に優位性がある。しかし、グリーン水素の普及にはさらなるコスト低減が必要だ。ジンコソーラーの「Tiger Pro」はLCOE(均等化発電原価)が低く、水素の製造コストを大きく引き下げる。ジンコソーラーは、高品質な製品と高いコスト競争力でグリーン水素の実用化をサポートし、世界の脱炭素化を力強くリードする。

中国石化は中国国内で数十ヶ所の水素ステーションを運用中だ。

 

問い合わせ

ジンコソーラージャパン株式会社

(東京)
東京都中央区京橋2丁目2番1号 京橋エドグラン9階
TEL:03-6262-6009
FAX:03-6262-3339

(大阪)
大阪府大阪市中央区安土町2丁目3番13号 大阪国際ビルディング31階
TEL:06-7663-1556
FAX:03-6262-3339


文:山下幸恵(office SOTO)

SOLAR JOURNAL vol.39(2021年秋号)より転載

関連記事

太陽光関連メーカー一覧

アクセスランキング

  1. 太陽光の廃棄費用、積立義務化が迫る! いくら? いつから? 徹底解説!
  2. 【参加無料】2月25日(金)「第21回PVビジネスセミナー」オンライン開催
  3. 「ノンファーム型接続」とは? 再エネ拡大のカギ握る送電ルール見直し
  4. 日本唯一の卸電力取引所「JEPX」とは? 取引価格はどう決まる?
  5. 自家消費の次なる手段「自己託送」のメリット・デメリット
  6. 自分の電気で自宅で過ごそう! 我が家で自家消費をするための準備は?
  7. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  8. 脱炭素先行地域、第1回目の募集がいよいよスタート! 自治体の脱炭素が加速する...
  9. 養殖マグロで発電!? 小学生のエネルギー戦略が凄い!
  10. これが日本最大の風力発電所だ!出力80MW/年間発電量1億5000万kWh

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.39 | ¥0
2021/10/29発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース