太陽光発電

広大な自然を独り占め! 砂漠の太陽光自立型エコハウス

中東の産油国であり、世界でも裕福な国の1つであるアラブ首長国連邦(UAE)。

これまで富豪たちのショッピングリストに載ってきたのが、豪華なプライベートジェット機や車、ヨットなどのラグジュアリーアイテム。

しかし現在、彼らの興味は「サステナブル」に向かっている。ロンドンの企業バハラシュ・アーキテクチャーがUAE南部リワで手がけるエコハウスは、太陽光パネルを用いた自立型エネルギー供給式建築。スイッチ1つで外からの視界を遮断してプライバシーを確保できるスマートガラスや、屋内ハーブガーデンが備えつけられている。

ガゼルやラクダなど野生動物が暮らす美しいリワ砂漠の中で、日常の忙しさから逃れられるセカンドハウスが人気なのだ。

関連記事

アクセスランキング

  1. 再エネ先進国は、蓄電池導入コストが電力料金を下回る「蓄電池パリティ」へ
  2. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
  3. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  4. 欧州一の売上を誇るSonnen社の蓄電池システムとは?
  5. これが日本最大の風力発電所だ!出力80MW/年間発電量1億5000万kWh
  6. 地域を潤す再エネ事業「シュタットベルケ」の神髄がここに!
  7. 風車の種類は大きく2種類!? 風力発電入門講座
  8. 大企業も注目! 岐阜県のバッテリーシェアリング 「働こCAR」とは?
  9. JPEA、破損した太陽光パネルを適正処分できる企業一覧を公表
  10. 順風満帆ではない“再エネ先進国”ドイツの苦境(前編)

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.32 / ¥0
2020年1月31日発行

お詫びと訂正

  ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース