太陽光発電

いよいよ電力自由化本番 Looopの新電力戦略

電力自由化で期待が高まる
「再エネ普及」という希望

同社は電力自由化を経ることで、再生可能エネルギーを安価な電源でかつ新規産業として成長できると考えている。なぜならば、①FIT買取期間終了後による太陽光・風力の発電原価は4〜6円/ kWhとなることが予想され、燃料不要で安価な電源になる②自家消費など需要地点近くでの供給により託送費用を抑えられる③地域電源のメンテナンスなど発電所保守産業の促進となる――からだ。

また小嶋部長は、「電力自由化後に、山間部や農業地など地域のポテンシャルに応じた電源をベースとした電力ネットワークが構築されると当社は予想している。そのときに当社として、それらの電源コーディネートにコンサルティング業務のような形態で貢献していきたいと考えている」と語る。迅速に動けるベンチャー企業の特長を、電力自由化後に最大限生かしていくという。
looopsasikae

________
取次店募集!
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
電気を購入する企業・団体をLooopに紹介すると、契約期間中ずっと「紹介料」を支払ってくれる。電力の需給管理を行うなどの負担が全くないため、リスクなしで長期的に安定した収入を得られる。仲介した客にとっても、購入する企業・団体にとってもメリットが非常に高い。
DIY感覚で作れる太陽光発電所「MY発電所キット」とメガソーラーキットで飛躍的に成長。高品質でありながらできるだけ無駄を省き、必要なものだけをユーザーに提供していくことを追求してきた。ワンストップサービスで、太陽光発電のことなら何でも相談できる。
株式会社Looop
TEL:03-5802-6209(9:00 ~ 21:00 土日祝除く)
※18時以降は翌営業日のご案内となります。
http://looop.co.jp/


取材・文/南野彰

※フリーマガジン『SOLAR JOURNAL』vol.16 より転載

123

関連記事

アクセスランキング

  1. 「FIT制度」の次のステップ「FIP制度」って?
  2. 太陽光発電は全量買取から”余剰買取”へ! 工場はさらにメリット大
  3. JPEA、破損した太陽光パネルを適正処分できる企業一覧を公表
  4. 風車の種類は大きく2種類!? 風力発電入門講座
  5. 2019年春スタートの「森林経営管理制度」バイオマスへの影響は?
  6. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
  7. 地域を潤す再エネ事業「シュタットベルケ」の神髄がここに!
  8. 新電力は”不健全なビジネス”か? 福島電力の破綻が意味すること
  9. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  10. 2030年度には電力小売事業の「PPA」が市場規模400倍に

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.29 / ¥0
2019年4月26日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース