注目キーワード

太陽光発電

TMEICが米国で躍進する本当の理由って?

また、ユーザーとのストレートなコミュニケーションが技術力向上につながるとのポリシーの下、営業/マーケティングだけでなく、技術者も積極的にユーザーを訪問し、ユーザーニーズを漏らすことなく汲み取っている。このような関係から生み出された製品は、「ユーザーと一緒に製品を作ったと言っても過言ではない」(同氏)としている。

同社は、世界最大クラスとなる容量2300/2500kWの屋外型パワーコンディショナを2015年12月に出荷すると発表した。同製品は、世界最大クラスの大容量、世界最高クラスの電力変換効率を実現した初めての1500Vdc対応製品となる。

太陽光発電システムでは、システム電圧を現在主流の1000Vdcから1500Vdcにすることで、高効率化と大容量集約化、数量低減、設置工数低減などによるコストダウンが期待されている。このため、グローバル市場の動きに応えるべく、開発したものだ。これも先述した同社のコミュニケーション重視のポリシーがあてこその製品と言えるだろう。


東芝三菱電機産業システム(TMEIC)
セールスマネージャー 坂竜太氏
http://www.tmeic.co.jp/
※本取材は、サンフランシスコで開催された太陽光発電見本市「INTERSOLAR NA」で行われたものです。


文/成澤 誠

< 12

関連記事

太陽光関連メーカー一覧

アクセスランキング

  1. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  2. 「カーボンプライシング」とは何か? 小泉環境相、年明けから検討再開の意向...
  3. 自分の電気で自宅で過ごそう! 我が家で自家消費をするための準備は?
  4. 「ノンファーム型接続」とは? 再エネ拡大のカギ握る送電ルール見直し
  5. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
  6. “おうち時間は再エネで” 再エネ新電力に切り替えよう!
  7. ついに、FITからFIPへ! 市場価格に上乗せされる「プレミアム」ってどう決まる?...
  8. 既存のクルマを電気自動車に!? 改造EVが町にあふれる日(前編)
  9. ファーウェイの住宅用パワコンと蓄電池がJET認証を取得。国内販売をスタート!...
  10. 「再エネ海域利用法」とは? 新法の狙いと仕組みを解説

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.36 | ¥0
2021/1/30発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース