注目キーワード

太陽光発電

TMEICが米国で躍進する本当の理由って?

また、ユーザーとのストレートなコミュニケーションが技術力向上につながるとのポリシーの下、営業/マーケティングだけでなく、技術者も積極的にユーザーを訪問し、ユーザーニーズを漏らすことなく汲み取っている。このような関係から生み出された製品は、「ユーザーと一緒に製品を作ったと言っても過言ではない」(同氏)としている。

同社は、世界最大クラスとなる容量2300/2500kWの屋外型パワーコンディショナを2015年12月に出荷すると発表した。同製品は、世界最大クラスの大容量、世界最高クラスの電力変換効率を実現した初めての1500Vdc対応製品となる。

太陽光発電システムでは、システム電圧を現在主流の1000Vdcから1500Vdcにすることで、高効率化と大容量集約化、数量低減、設置工数低減などによるコストダウンが期待されている。このため、グローバル市場の動きに応えるべく、開発したものだ。これも先述した同社のコミュニケーション重視のポリシーがあてこその製品と言えるだろう。


東芝三菱電機産業システム(TMEIC)
セールスマネージャー 坂竜太氏
http://www.tmeic.co.jp/
※本取材は、サンフランシスコで開催された太陽光発電見本市「INTERSOLAR NA」で行われたものです。


文/成澤 誠

< 12

関連記事

太陽光関連メーカー一覧

アクセスランキング

  1. 【続報】発電側基本料金、電力量にも課金へ。容量課金とは1対1の比率
  2. 「ノンファーム型接続」とは? 再エネ拡大のカギ握る送電ルール見直し
  3. 日本唯一の卸電力取引所「JEPX」とは? 取引価格はどう決まる?
  4. 4月27日、Zoom開催決定! 太陽光の新たな価値がわかる「PVビジネスセミナー」...
  5. 自家消費の次なる手段「自己託送」のメリット・デメリット
  6. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
  7. 自分の電気で自宅で過ごそう! 我が家で自家消費をするための準備は?
  8. 再エネ賦課金の2021年度単価が決定。再エネの自給自足に向け機運高まる
  9. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  10. エネルギー基本計画、2050年「再エネ5~6割」をたたき台に議論始まる

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.36 | ¥0
2021/1/30発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース