太陽光発電

電力受給ギャップが問題に。米国”ダックカーブ現象”

太陽光発電の年間と累積の導入量がともに全米No.1のカリフォルニア州。2030年までに州内の電力販売量の50%を再生可能エネルギーで供給することを目標に掲げる同州で、太陽光発電の大量導入に伴って引き起こされる問題とその解決策が、ここ数年米国で話題になっている。

カリフォルニア州に現れた
「ダックカーブ現象」とは?

この騒動は、カリフォルニア州の送電系統を管理するカリフォルニア独立系統運用機関(California Independent System Operator:CAISO)が発表したレポートに掲載されていた「ダックカーブ(アヒルの形をした曲線)」または「ダックグラフ」が発端となっている。

sj19_p18_19_mvy

<出典:California Independent System Operator>

ダックカーブは、カリフォルニア州における時間帯別「実質」電力需要(Net Load)の2013年から2020年にかけての変化をグラフで表したもので、実質電力需要とは、電力会社の全体の電力需要量から、太陽光発電の発電量を差し引いたものである。これにより、再生可能エネルギー導入の拡大に伴い、どのようにグリッド(電力系統)に影響を与えるのかを分析することができる。

横軸は午前0時から23時までの1日の時間、縦軸は電力消費量( MW)を示す。2013年の曲線を見ると、深夜0時から午前7時までの曲線はアヒルのシッポ、午前7時から16時(午後4時)はアヒルの背中、17時(午後5時)後は、アヒルの首、頭、そしてクチバシを表しているように見えるだろう。

まず、 2013年にはアヒルの「背中」を表していた上向きの需要曲線が、日中に発電がピークを迎える太陽光発電が増えるにつれて、だんだん下向きになり、2015年からは、「お腹」に変わっていく。2020年にはお腹がどんどん膨れ上がっていく。これは太陽光発電が、火力発電などの従来の電力供給源からの需要を減らしていることを意味する。

次に、カリフォルニア州の電力需要は17時以降に大きく伸びるのだが、その時間帯前に太陽光発電は出力がほとんどなくなっている。つまり、太陽光発電の導入が増えるにつれ、この出力下降とピーク需要上昇のギャップが拡大し、アヒルの「首」がどんどん長くなっていくのである。

12

関連記事

アクセスランキング

  1. 電力7社が中部電力へ送電、天気予報より日射量・気温ともに低下
  2. 〈終了〉2019年1月16日開催! 太陽光の今がわかる「PVビジネスセミナー」
  3. 屋根上ソーラーに最適! 耐久性抜群の高品質太陽電池モジュール
  4. 【セミナーレポート】賢い太陽光発電所の建設と運用ノウハウ
  5. 目指すは「日本市場シェアNo.1」大手モジュールメーカーの展望
  6. セカンダリー取引で有利になる、太陽光発電所の”リパワリング”とは?
  7. パネル1枚から設置可能! 小規模&自家消費向け『マイクロソーラー』登場
  8. 太陽光発電と音楽が融合!? 中津川の「再エネ・フェス」が大盛況!
  9. 小泉元首相も注目の「太陽光発電事業者連盟」が発足、今後の活動は?
  10. セマカウ島で実証進む「再エネ・マイクログリッド」とは?
ENEX2019(エネックス 2019) 株式会社エーピーシーメンテナンス 日本BSL株式会社 フリアーシステムズジャパン株式会社 LONGi SOLAR

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.27 / ¥0
2018年10月31日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース