太陽光発電

2020年の蓄電池市場規模は現在の20倍以上!? 

シャープは2015年2月23日、性能を大幅に向上させたクラウド蓄電池システムを5月26日に発売すると発表した。

電力自家消費の時代に向けて

蓄電池システムは、リチウムイオン蓄電池9.6kWhとハイブリッドパワーコンディショナ、マルチエネルギーモニタで構成。太陽光発電と蓄電池を1台で制御するハイブリッドパワーコンディショナの定格出力は、14年度機種よりも3割向上させた5.5kWとなった。しかも屋根面に接続する入力回路は従来の2回路から3回路に増えた。これにより寄棟屋根や複合屋根など屋根面数が多い家屋でも1台で接続できる。

シャープエネルギーシステムソリューション事業本部の棱野(かどの)勝・副事業部長は「再生可能エネルギー固定価格買取制度(FIT)による太陽光発電の買取価格は年々下がっている。さらに電力会社の電気料金は上昇し続けている。これからは自宅で発電した電気を無駄なく使いきる自家消費の時代へ移行するだろう。それには定置用蓄電池システムが不可欠だ。当社では2020年度の定置用蓄電池市場規模は14年度比の20倍以上に急拡大すると推計している」と語る。

123

関連記事

アクセスランキング

  1. 【速報】太陽光発電の「入札」結果が明らかに!
  2. 【最新】太陽光関連事業者の倒産・負債総額 最多に
  3. 「FIT制度」の次のステップ「FIP制度」って?
  4. 次にくる太陽光ビジネス7つの事例
  5. 太陽光の今がわかる「PVビジネスセミナー」2/8開催
  6. 2017年度、これが新FIT買取価格だ!
  7. FIT「事後的過積載」NG 増設分はどうしたらいい?
  8. あなたは知ってる? 小形風力発電の3つの注意点
  9. 風車の種類は大きく2種類!? 風力発電入門講座
  10. 71市町村がエネルギー自給率100%超!

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.23 / ¥0
2017年10月31日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース