注目キーワード

太陽光発電

2020年の蓄電池市場規模は現在の20倍以上!? 

シャープは2015年2月23日、性能を大幅に向上させたクラウド蓄電池システムを5月26日に発売すると発表した。

電力自家消費の時代に向けて

蓄電池システムは、リチウムイオン蓄電池9.6kWhとハイブリッドパワーコンディショナ、マルチエネルギーモニタで構成。太陽光発電と蓄電池を1台で制御するハイブリッドパワーコンディショナの定格出力は、14年度機種よりも3割向上させた5.5kWとなった。しかも屋根面に接続する入力回路は従来の2回路から3回路に増えた。これにより寄棟屋根や複合屋根など屋根面数が多い家屋でも1台で接続できる。

シャープエネルギーシステムソリューション事業本部の棱野(かどの)勝・副事業部長は「再生可能エネルギー固定価格買取制度(FIT)による太陽光発電の買取価格は年々下がっている。さらに電力会社の電気料金は上昇し続けている。これからは自宅で発電した電気を無駄なく使いきる自家消費の時代へ移行するだろう。それには定置用蓄電池システムが不可欠だ。当社では2020年度の定置用蓄電池市場規模は14年度比の20倍以上に急拡大すると推計している」と語る。

123>

関連記事

アクセスランキング

  1. 12/3(木)「全国ソーラーシェアリング サミット」開催! オンラインでどこでも参加可能...
  2. 菅首相、所信表明で「2050年に温室効果ガス排出ゼロ」を宣言
  3. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  4. もう草刈りには戻れない! リピーターが続出する「防草シート」の魅力とは?...
  5. 既存のクルマを電気自動車に!? 改造EVが町にあふれる日(前編)
  6. ついに、FITからFIPへ! 市場価格に上乗せされる「プレミアム」ってどう決まる?...
  7. 未稼働案件のFIT認定失効制度、運転開始期限を見直し。太陽光以外にも適用...
  8. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
  9. 「ノンファーム型接続」とは? 再エネ拡大のカギ握る送電ルール見直し
  10. 【2021年度FIT】調達価格や入札対象の検討スタート。FIP対象区分も

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.35 | ¥0
2020/10/31発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース