太陽光発電

2020年の蓄電池市場規模は現在の20倍以上!? 

蓄電池容量2倍でさらなる安心

リチウムイオン蓄電池本体は従来機の2倍の容量となる9.6kWhとなった。これにより停電時の安心感を高めるとともに、平常時に発電した電気を自家消費に最大限有効活用できる。

前述の棱野勝・副事業部長は「1ヶ月の電気料金が9000円前後のお客様なら、昼間に発電した電気を蓄電して、夜や早朝などに電気を消費するライフスタイルを実現できる。電気料金の高騰に左右されにくいほぼ自給自足生活となる」と強調する。

施工面では、本体が2つのユニットに分かれており、簡易基礎による設置が可能だ。施工期間を大幅に短縮でき、施工費用を低減できるという。

また、この蓄電池システムはネットワーク上で情報を管理するクラウドサーバーと連携できることも大きな強みだ。同社製のクラウドHEMS(家庭内のエネルギー管理システム)とセットで使用すると、停電の不安が大きい大雨や暴風、高潮などの「気象警報」の発令をキャッチし、自動的にリチウムイオン蓄電池の充電を開始し、満充電となればその状態を維持する。そして、停電になれば自動的に電気を家庭内へ供給する。さらに電気料金プランの多様化や季節・時間帯によって変化する居住者の電気使用状況に合わせて、きめ細やかなエネルギー管理を行える。

123

関連記事

アクセスランキング

  1. 「FIT制度」の次のステップ「FIP制度」って?
  2. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  3. 電力会社が再エネに注力! 重い腰が上がり始めた背景とは(前編)
  4. 大好評「PVビジネスセミナー」9/24(火)に大阪で開催!
  5. JPEA、破損した太陽光パネルを適正処分できる企業一覧を公表
  6. 風車の種類は大きく2種類!? 風力発電入門講座
  7. 経産省、「発電側基本料金」の導入へ! 全発電種にkW一律の課金・調整措置の行方は?
  8. 太陽光発電は全量買取から”余剰買取”へ! 工場はさらにメリット大
  9. 「再エネ海域利用法」とは? 新法の狙いと仕組みを解説
  10. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.30 / ¥0
2019年7月31日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース