太陽光発電

米ディズニーワールドで、ミッキーが太陽光発電!?

フロリダに造られた新たな巨大ソーラー施設は、ミッキーマウスの形をしていると注目を集めている。これにより期待できる効果とは…?

太陽光発電所にミッキー出現!?
創出したエネルギーでエコPR

ミッキーマウスを模った新しいソーラー施設がフロリダに登場し、大きな注目を集めている。22エーカー※もある敷地内に、4万8千枚のソーラーパネルを設置した5MW規模のソーラー施設だ。
創出されたエネルギーは、ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾートやフォーシーズンズ・リゾート、ホテルプラザ・ブルバード沿いにあるホテルなどで使用される。

ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾートの環境統合ディレクターのアンジー・レナー氏は「このような施設が増えることにより、天然資源の枯渇を防げます」と話す。
この取り組みに協力している電力会社「デューク・エナジー」は、フロリダ内の太陽エネルギーを、2024年までに500MWまで追加する予定だという。

※1エーカー=約0.4ha


文/大山真理

関連記事

アクセスランキング

  1. 「FIT制度」の次のステップ「FIP制度」って?
  2. 風車の種類は大きく2種類!? 風力発電入門講座
  3. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
  4. JPEA、破損した太陽光パネルを適正処分できる企業一覧を公表
  5. 地域を潤す再エネ事業「シュタットベルケ」の神髄がここに!
  6. 太陽光発電は全量買取から”余剰買取”へ! 工場はさらにメリット大
  7. 2019年春スタートの「森林経営管理制度」バイオマスへの影響は?
  8. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  9. 7/24(水)開催! 太陽光の今がわかる「PVビジネスセミナー」
  10. 新電力は”不健全なビジネス”か? 福島電力の破綻が意味すること

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.29 / ¥0
2019年4月26日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース