注目キーワード

「ソーラーシェアリング」の検索結果

農業を営みながら発電事業を行い、作物の販売収入に売電収入を加えることで農業経営が改善される「営農型太陽光発電(ソーラーシェアリング)」。5月15日、農林水産省が、担い手の所得向上や荒廃農地の解消につながる取組みを後押ししていきたいという考えから、制度の見直しと促進策を発表した。

営農型太陽光の農地転用許可が「10年」に延長!

太陽光発電所や水田でのソーラーシェアリングなど、あらゆる用地に対応可能な「浮沈防止BASE」。既存の杭に取り付けるだけで、軟弱な地盤でも強力な支持力を実現できる、特許技術活用のメリットとは?

軟弱地盤で支持力UP! 既存の杭に取り付ける「浮沈防止BASE」

第10回PVビジネスセミナー、2018年7月26日(木)開催!

〈終了〉7/26開催! 太陽光の今がわかる「PVビジネスセミナー」

単結晶モジュールで世界No.1のロンジ・ソーラーは、一般的な野立てやルーフトップだけでなく、ソーラーシェアリングなど社会的意義の大きな取り組みも積極的に進めている。2018年の展望について、日本支社で代表取締役社長を務める秦超氏に話を聞いた。

FITに頼らないPV産業、’単結晶パネル’が実現への鍵を握る!

発電量が固定式の1.5倍に!? ソーラーシェアリングとしては国内最大級の規模で、追尾式の太陽光発電システムを設置している、福島県いわき市にある農園「アグリパークいわき」で話を聞いた。

ソーラーシェアリングには「追尾式架台」がベスト!

2016年からソーラーシェアリングを導入し、半農半エネルギーのライフスタイルによって「ますます農業が面白くなった」という、元ファイナンシャルプランナーの重家雅文さん。「ソーラーシェアリングは日本の農家の未来」と語る重家さんを訪ねた。

ソーラーシェアリング運用術! 実質年利4%超/20年

日本のソーラーシェアリングの導入は着実に進み、2016年度には総計1054件と、ついに1000件を突破した。盛り上がりを見せるソーラーシェアリング市場において、今年もっとも注目をあつめたのが、3月に完成したビッグプロジェクト「匝瑳(そうさ)メガソーラーシェアリング発電所」である。

耕作放棄地を豊かに!“メガ”ソーラーシェアリング

SOLAR JOURNAL主催 第7回PVビジネスセミナー、史上最大規模で2017年12月13日(水)開催決定! 申込み受付中!

太陽光の今がわかる「PVビジネスセミナー」12/13開催

営農型ソーラーを取材中、「中国の方が日本よりも一歩進んでいる」という話を聞いた。中国を代表する2社に聞いてみると、意外や意外、果物や魚介類まであるという。営農型ソーラーでどんなものがどんな環境で育てられているのか。

中国ではイチゴ・上海ガニも!営農型ソーラーで育てる

1 3 4 5

太陽光関連メーカー一覧

アクセスランキング

  1. 「ノンファーム型接続」とは? 再エネ拡大のカギ握る送電ルール見直し
  2. 自家消費の次なる手段「自己託送」のメリット・デメリット
  3. 日本唯一の卸電力取引所「JEPX」とは? 取引価格はどう決まる?
  4. 自分の電気で自宅で過ごそう! 我が家で自家消費をするための準備は?
  5. カーボンニュートラル宣言から10ヶ月「なぜ脱炭素が必要なのか」原点に戻って考える...
  6. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  7. 太陽光発電、導入量米国No.1! カリフォルニア州の注目制度、CSIとは
  8. 改正温対法の「ポジティブゾーニング」とは? 許認可をワンストップとする特例も...
  9. 養殖マグロで発電!? 小学生のエネルギー戦略が凄い!
  10. 第6次エネルギー基本計画の素案まとまる! 2030年エネルギーミックス暫定版も提示...

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.38 | ¥0
2021/7/30発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース