注目キーワード

「ソーラーシェアリング」の検索結果

太陽光発電の第一人者を講師に迎え、実践ノウハウを共有する「PVビジネスセミナー」が12月16日、都内のホテルで開催された。第20回の節目である今回は「2022年の太陽光市場を考える」をテーマに、ソーラーシェアリングやPPAについての先駆的な事例を紹介した。

【セミナーレポート】2022年の地域に根ざした太陽光市場を考える

傾斜地設置型・営農型・水上設置型の太陽光発電システムを安全に導入するために、NEDOが「太陽光発電システムの設計・施工ガイドライン2021年版」を公表した。地上設置型のガイドラインは2019年に発表されていたが、特殊な設置環境についてのガイドラインはこれまで未整備だった。

傾斜地など特殊な3つの設置環境について、ガイドラインをNEDOが公表

FITから自立した太陽光発電の普及方法として、各地で導入の進む自家消費型太陽光発電。“営農型自家消費”も誕生している。ソーラーシェアリングでの導入事例をご紹介しよう。

<農業×自家消費>ソーラーシェアリング導入事例|食もエネルギーも地域で自給!

一般企業のなかにも、ソーラーシェアリングに参画するところが出てきている。アウトドア衣料品のグローバル企業、パタゴニア(本社:米国)もその1社だ。渋谷ストアでは、ソーラーシェアリングで発電した電気を使用。発電事業に参画して、再エネ100%を目指す。

服を売るだけじゃない !? パタゴニアがソーラーシェアリングに参画!

ハウスの屋根上に太陽光パネルを設置する、自家消費農場「スマートブルー茅ヶ崎農場」。FITに頼らないから、できることがある。蓄電池も導入し、安定的な営農を実現した。

ハウスの上に太陽光パネル。「自家消費農場」はつくった電気をフル活用

ソーラーシェアリングは、FIT認定の抜け穴ではない。「農業×電力」という原点は揺るぎない。農林水産業がスタートさせた、非FIT応援プロジェクト「営農型太陽光発電システムフル活用事業」とは。

農林水産業が非FIT後押し「営農型太陽光発電システムフル活用事業」とは

新しい農村風景が見えてきた。ソーラーシェアリングは、もう決して特別なものではない。これからの農村の“あたりまえ”が、そこにある。

これからの農村は“ソーラーシェアリング”が当たり前の時代に。

2050年カーボンニュートラルを目指し、農林水産省も農山漁村地域における再エネ導入拡大を決めた。主に荒廃農地についての判断や方策を見直し、再エネの普及を目指す考えだ。一方、ソーラーシェアリングについては現行の制度を維持する構えを見せた。

農水省が「荒廃農地」活用し再エネ導入促進へ。一時転用の扱いは変わらず

低圧FITの自家消費要件の免除など制度上の後押しもある中、ソーラーシェアリングを実践する方々が全国で増えています。そこで、ソーラーシェアリングの導入をご検討中の皆様に向けて、「全国ソーラーシェアリング サミット」がオンラインで開催されます!

12/3(木)「全国ソーラーシェアリング サミット」開催! オンラインでどこでも参加可能

ソーラーシェアリングは売電利益を第一の目的にするもの……。そんな間違った常識を覆す新たな仕組みが注目を集めている。“農業主体”のソーラーシェアリングを可能にする鉄骨+ポリカハウスの架台『がっちりHOUSE5』だ。

2020年以降「農業主体」がソーラーシェアリングの新常識に!

1 2 3 6

太陽光関連メーカー一覧

アクセスランキング

  1. 太陽光の廃棄費用、積立義務化が迫る! いくら? いつから? 徹底解説!
  2. 【参加無料】2月25日(金)「第21回PVビジネスセミナー」オンライン開催
  3. 「ノンファーム型接続」とは? 再エネ拡大のカギ握る送電ルール見直し
  4. 日本唯一の卸電力取引所「JEPX」とは? 取引価格はどう決まる?
  5. 自家消費の次なる手段「自己託送」のメリット・デメリット
  6. 自分の電気で自宅で過ごそう! 我が家で自家消費をするための準備は?
  7. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  8. 脱炭素先行地域、第1回目の募集がいよいよスタート! 自治体の脱炭素が加速する...
  9. 養殖マグロで発電!? 小学生のエネルギー戦略が凄い!
  10. これが日本最大の風力発電所だ!出力80MW/年間発電量1億5000万kWh

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.39 | ¥0
2021/10/29発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース