注目キーワード

「地熱発電」の検索結果

2020年度再生可能エネルギーの固定価格買い取り制度FITいよいよ始動!動き出した2020年度FITの概要を電源ごとに整理。今回は地熱発電についてみていく。

2020年度FITの概要をチェック!~地熱発電は2022年から小規模も対象に~

これまで急速に普及が進んできた太陽光発電。しかし、市場は徐々に成長スピードが落ち、飽和状態に近づきつつある。再生可能エネルギーを主力電源として掲げる日本において、太陽光以外に着目すべきエネルギー源は何か? 発電事業を手がけるGPSSホールディングスの目﨑氏にお話を伺った。

太陽光は限界に? 日本が注力すべき「地熱発電」の可能性

この春公表された、2018年度の新FIT価格。太陽光は買取価格が10円台に突入するなど大きな動きがあったが、地熱は2020年まで据え置きに。今後、FITからの自立や地熱発電の普及を目指すにあたり、課題となることとは?

地熱FIT価格、小規模は2020年まで40円で維持! 自立化へ向けた課題は?

火山国である日本。地熱資源量でみると世界第三位の熱資源国であることをご存知だろうか。地熱発電は安定した出力が期待できる再生可能エネルギー。その中でも近年脚光を浴びているバイナリー発電方式とは?

経済産業大臣賞を受賞した「バイナリー発電」って?

アクセスランキング

  1. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  2. ついに、FITからFIPへ! 市場価格に上乗せされる「プレミアム」ってどう決まる?...
  3. 2020年以降「農業主体」がソーラーシェアリングの新常識に!
  4. 1位はあの国!? 風力発電導入量の国別ランキング!
  5. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
  6. 養殖マグロで発電!? 小学生のエネルギー戦略が凄い!
  7. JPEA、破損した太陽光パネルを適正処分できる企業一覧を公表
  8. 世界の太陽光発電市場・2019年の総括と2020年の市場見通し
  9. 電気事業法50年に一度の大改正へ! 配電事業者の免許制には賛否両論
  10. 既存のクルマを電気自動車に!? 改造EVが町にあふれる日(前編)

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.35 / ¥0
2020年10月31日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース