注目キーワード

「洋上風力」の検索結果

2030年のエネルギーミックス(電源構成)見直しのため、資源エネルギー庁が発電事業者や業界団体などへのヒアリングを進めている。太陽光発電の関連事業者を対象とした前回に引き続き、3月15日には風力発電を対象にヒアリングが実施された。委員会の参加者の“声”を抜粋して紹介する。

2030年エネルギーミックスのヒアリング始まる。届け! 発電事業者の声(風力発電編)

洋上風力発電は欧州を中心に導入が進み、コスト低減も実現されている。発電設備を構成する部品点数が数万点と多く、経済波及効果も大きい。こうした理由から“再エネ主力電源化の切り札”とされる。資源エネルギー庁が12月に発表したビジョンでは、長期の導入目標に加え、国内調達比率も定められた。

エネ庁「洋上風力産業ビジョン」、2040年に最大45GWへ。国内調達強化も

国土交通省が、離島振興のためスマートアイランドの取り組みを推進している。9月には、全国10の地域で新技術の導入に向けた実証調査がスタートした。ICTなどの新技術を活用し、離島の物流や交通、エネルギーや医療といった複雑な課題の解決を目指す。

五島市、洋上風力の地産地消に向け協定。国交省スマートアイランド実証で

株式会社JERAは、Jパワーとノルウェーの風力大手・エクイノールとコンソーシアムを組んだ。秋田県沖の2海域における洋上風力発電事業への応札に向け、着々と準備が進む。

JERAら3社、洋上風力発電応札に向けコンソーシアム。秋田県沖の2海域で

2020年度の洋上風力の「有望区域」が決定した。昨年度と変わらず4地域だが、そのうち3か所が東北。青森県沖は初の選定だ。再エネ海域利用法のプッシュで、洋上風力の早期商業化が目指される。

洋上風力の「有望区域」今年度も4か所を選定。青森沖など東北が中心

2月14日、日本風力開発グループの日本オフショアウインドサービスと大森建設は、洋上風力発電所の運営・保守専門会社「秋田オフショアウインドサービス」を秋田県内に設立した。国内初の洋上風力発電所専門の運営・保守会社だ。”洋上風力先進県”秋田で実装に向けた取組みが始まる。

【国内初】洋上風力専門の運営会社が秋田に誕生! 県内雇用も強化

2018年12月7日に公布された新法「再エネ海域利用法」は、洋上の風景をどう変えていくことになるのか? 新法の狙いと、具体的な仕組みについて解説する。

「再エネ海域利用法」とは? 新法の狙いと仕組みを解説

海に囲まれ、国土が狭い日本にとって、洋上風力発電がもつ可能性は大きい。それにもかかわらず実用化が少ないのは、企業が風力発電事業をはじめるにあたって、2つの参入障壁が存在しているからだ。

なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは

現状のFITから入札制に移行する方針が明らかにされている風力発電。再生可能エネルギーを"主力電源"と位置づけた現代の日本において、「風力は太陽光に並ぶポテンシャルがある」と、大きな期待が寄せられている。

洋上風力はFITから「入札制」に移行予定、コスト低減で導入拡大へ

陸上よりも安定した強い風が吹くため、有利とされている洋上風力発電。欧州に比べて日本の基数が少ないのはなぜか。また、今年3月に閣議決定され国会での成立を待っている「洋上風力促進法」の内容とは?

一般海域占用期間が最長30年に! 洋上風力発電の新法案とメリットとは

1 2

太陽光関連メーカー一覧

アクセスランキング

  1. パワーオプティマイザで「リパワリング」の最高値へ! “ FIT残存期間の収益性”を高める...
  2. 「ノンファーム型接続」とは? 再エネ拡大のカギ握る送電ルール見直し
  3. 経産省が「脱炭素」大規模発電所の新設支援 20年収入保証へ
  4. 最新秋号の見ドコロ!「ソーラージャーナル」vol.43発行
  5. 自分の電気で自宅で過ごそう! 我が家で自家消費をするための準備は?
  6. 太陽光の廃棄費用、積立義務化が迫る! いくら? いつから? 徹底解説!
  7. 東京都の太陽光設置義務化、都議会で可決なら2025年度から施行の見通し
  8. 養殖マグロで発電!? 小学生のエネルギー戦略が凄い!
  9. 日本唯一の卸電力取引所「JEPX」とは? 取引価格はどう決まる?
  10. 【参加無料】12月16日(金)「第24回PVビジネスセミナー」~Non-Fit/義務化/FIP/地域共生~...
太陽光業界最新ニュース

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.43 | ¥0
2022/10/31発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ