注目キーワード

「自家消費」の検索結果

HEMSにAIとIoTのワンストップサービスを掛け合わせた「AIHEMS(アイへムス)」をリリースした日本住宅サービス。高精度なシステムは、それまでに培われた技術とノウハウによって構築されたものだ。これからの自家消費マーケットで求められるものは一体何なのか、代表取締役の有吉氏にお話を伺った。

自家消費市場を狙うなら知っておきたい! AIとIoTが生んだ”最新技術”とは

FIT価格低下の影響を受け、太陽光施工企業の倒産や、投資目的企業の撤退が相次いでいる。厳しい環境のなか、市場で生き残っていくにはどうすべきか? 電源メーカーの株式会社ニプロン・鈴木利宏氏に、今後の戦略を伺った。

太陽光マーケットで生き残るには? 電源メーカーが語る”生存戦略”

あらゆるサービスを提供し、会員数2700万人を超えるDMM.com。2011年から始めた太陽光では、これからどのような取り組みを行っていくのか。エナジー事業営業本部の八代氏に話を聞いた。

会員数2700万人! DMM.comが提供するソリューションとは?

近い将来に訪れる「FIT」の終了に備え、各国が新たな制度に移行しつつある今、日本もそうした状況に備えなければならない。そこで注目を集めているのが「自家消費型発電」だ。今回はこの発電形態に関わる事例について、環境経営コンサルタントの村沢義久さんに話を聞いた。

太陽光発電の自家消費元年はいつ? 全世帯がZEHの町も

資源エネルギー庁は2017年9月、太陽光発電のコスト低減イメージについて公表した。今後、太陽光発電の大量導入によって増大する賦課金を抑えつつ、自家消費市場を拡大する必要がある。そのためには、低い買取価格でも安定的に利益を生み出せるよう、システムコストの低減が求められている。

エネ庁 自家消費時代のコスト低減イメージを公表

再エネの導入が進む中、国民負担の増大に対して懸念の声があげられることも多い。導入を促進しつつ負担を抑制するために何が求められるのか。「再生可能エネルギー大量導入時代における政策課題に関する研究会」に委員として出席していた松本真由美氏に話を聞いた。

自家消費市場拡大。コスト低減に遅れを取れば命取り

1 5 6 7

太陽光関連メーカー一覧

アクセスランキング

  1. 「ノンファーム型接続」とは? 再エネ拡大のカギ握る送電ルール見直し
  2. 日本におけるコーポレートPPAの先行事例3選! イオン・ヒューリック・村田製作所...
  3. コーポレートPPAが主役に! 再エネ調達に活用する企業が急増!
  4. 太陽光の廃棄費用、積立義務化が迫る! いくら? いつから? 徹底解説!
  5. 自分の電気で自宅で過ごそう! 我が家で自家消費をするための準備は?
  6. 東京都、住宅用太陽光発電設備の設置義務化へ。太陽光の導入を加速!
  7. 日本唯一の卸電力取引所「JEPX」とは? 取引価格はどう決まる?
  8. 「雑草」がエネルギー源に!? 名城大が発電を実演
  9. これが日本最大の風力発電所だ!出力80MW/年間発電量1億5000万kWh
  10. 3種類の環境価値「非化石証書・Jクレジット・グリーン電力証書」の違いとは?...
太陽光業界最新ニュース

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.42 | ¥0
2022/7/29発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ