「自家消費」の検索結果

近い将来に訪れる「FIT」の終了に備え、各国が新たな制度に移行しつつある今、日本もそうした状況に備えなければならない。そこで注目を集めているのが「自家消費型発電」だ。今回はこの発電形態に関わる事例について、環境経営コンサルタントの村沢義久さんに話を聞いた。

太陽光発電の自家消費元年はいつ? 全世帯がZEHの町も

資源エネルギー庁は2017年9月、太陽光発電のコスト低減イメージについて公表した。今後、太陽光発電の大量導入によって増大する賦課金を抑えつつ、自家消費市場を拡大する必要がある。そのためには、低い買取価格でも安定的に利益を生み出せるよう、システムコストの低減が求められている。

エネ庁 自家消費時代のコスト低減イメージを公表

再エネの導入が進む中、国民負担の増大に対して懸念の声があげられることも多い。導入を促進しつつ負担を抑制するために何が求められるのか。「再生可能エネルギー大量導入時代における政策課題に関する研究会」に委員として出席していた松本真由美氏に話を聞いた。

自家消費市場拡大。コスト低減に遅れを取れば命取り

アクセスランキング

  1. JPEA、太陽光の「主力電源化」と「2019年問題」を語る
  2. 大容量&低価格、テスラの新・家庭用蓄電池!
  3. 【最新】2018年度、新FIT買取価格が決定! 割賦金単価も
  4. 「HEMS × 蓄電池 × V2H」という住宅の新発想
  5. 太陽光発電の総合イベント「PVJapan2018」、いよいよ開幕!
  6. 風車の種類は大きく2種類!? 風力発電入門講座
  7. あなたは知ってる? 小型風力発電の3つの注意点
  8. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
  9. 満充電まで3分ってホント!? 日本で電気自動車は普及するのか?
  10. 小型・木質バイオマス熱電併給システム、欧州主要メーカーが集結!
Intersolar Europe

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.25 / ¥0
2018年4月30日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース