風力

風力VS太陽光!これからはどっちだ?

「浮体式洋上風力発電所」が主力になるって本当?
期待していい?

現在、日本では長崎県や福島県で計4件、世界では数件の浮体式洋上風力発電の実証試験が実施中もしくは計画中です。浮体式の技術は確立されつつあり、中でも日本は世界をリードしています。
浮体や建設費などの低コスト化を含めて課題もありますが、2050年には風力全体の設備容量の約1/4を浮体式が担うと当協会は予測しています。ご期待ください。

sj_win20161111_03

「環境アセスメント」って4〜5年かかるらしいけど、もっと迅速化できないの?

いま、国では環境アセスの期間を半減させる方向で検討が進んでいます。環境アセスの迅速化が実現すれば、風力発電の追い風になります。将来のFIT価格の前倒し発表、連系協議開始の早期化などと組み合わせれば、事業予見性が一層改善され、風力への投資も拡大しそうです。

風力発電の低周波音が体に悪いってホント?

低周波音に懸念をお持ちの方もおられますが、風車からの低周波音が人体に影響を与える、という科学的な知見は今のところ存在しないのが現状です。
当協会では、低周波音について理解を深めてもらえるよう、パンフレット類を作成し、自治体などに配布しています。皆さんに風力発電を応援してもらえるよう、不安を抱く方の話をしっかり聞きつつ、粘り強く理解を求めたいと考えております。

ぶっちゃけ、「風力の時代」っていつ来る?

停滞していたものが動きだすという観点でみれば、日本にもこれから「風力の時代」が到来すると考えています。昨今、環境アセスが完了した案件が増えつつあります。検討が進む環境アセスの短縮化が実現すれば、風力は今後順調に増え、FITの恩恵もようやく目に見えて現れるはずです。
2020年代には、10GW超の風力が導入されるでしょう。

sj_win20161111_04


高本 学
一般社団法人 日本風力発電協会 代表理事
九州大学電気工学科卒、1980年4月株式会社日立製作所入社。日立事業所副事業所長、電気システム事業部長などを経て、2015年4月より新エネルギーソリューション事業部長。2014年5月に日本風力発電協会代表理事に就任。


文/具志堅 浩二

※『SOLAR JOURNAL』vol.17より転載

12

関連記事

アクセスランキング

  1. 「FIT制度」の次のステップ「FIP制度」って?
  2. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  3. 電力会社が再エネに注力! 重い腰が上がり始めた背景とは(前編)
  4. 大好評「PVビジネスセミナー」9/24(火)に大阪で開催!
  5. JPEA、破損した太陽光パネルを適正処分できる企業一覧を公表
  6. 風車の種類は大きく2種類!? 風力発電入門講座
  7. 経産省、「発電側基本料金」の導入へ! 全発電種にkW一律の課金・調整措置の行方は?
  8. 太陽光発電は全量買取から”余剰買取”へ! 工場はさらにメリット大
  9. 「再エネ海域利用法」とは? 新法の狙いと仕組みを解説
  10. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.30 / ¥0
2019年7月31日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース