風力

“羽根のない”風力発電機

スペインのVortex Bladeless社はこれまでの常識を覆す「羽根のない」風力発電機を開発した。

これは、羽根の回転エネルギーを電気エネルギーに変える従来の風車とは異なり、風の渦を利用したもの。開発中のプロトタイプ(100W、高さ3m)はトップの大きい円柱の形で炭素繊維とガラス繊維からできており、風を受けると柱の反対側に渦を巻き、柱が振動し、柱の基にあるリング型の磁石を動かす事により発電する。

従来の羽根つきと比べると発電効率は劣るのだが、羽根がない分、生産、そして施工にかかる時間・コストが大幅に抑えられる。さらに可動部が少ないことから、騒音もなく、メンテナンスコストも低い。従来型に比べ発電コストを40%もカットする事ができるそうだ。

Vortex Bladeless
http://vortexbladeless.com/home.php


文/モベヤン・ジュンコ

※『SOLAR JOURNAL』vol.14 より転載

関連記事

アクセスランキング

  1. ソーラービニールハウスも大好評! BSLがパネル架台の可能性を切り拓く
  2. O&M協議会、初の技術セミナー「驚きのトラブルと解決法」が多数!
  3. 「ストリングオプティマイザ」で発電量を最大化! 導入企業の反応は?
  4. 日本PVプランナー協会、全国会員大会で「PV100年構想」へと一致団結
  5. 入札制度の失敗と避けられた出力抑制――再エネはルール見直しが必要か
  6. ソーラーシェアリング特集号第2弾! アースジャーナルvol.06発売
  7. 太陽電池モジュールを巡る、米国における”貿易摩擦”と”輸入制限”
  8. 大手電力会社の「卒FIT」対応は? 転機の2019年を前に第一報が続々!
  9. 2019年1月16日開催! 太陽光の今がわかる「PVビジネスセミナー」
  10. エネ庁が未稼働案件への対応決定、「価格切り下げ」の原則は変わらず

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.27 / ¥0
2018年10月31日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース