風力

“羽根のない”風力発電機

スペインのVortex Bladeless社はこれまでの常識を覆す「羽根のない」風力発電機を開発した。

これは、羽根の回転エネルギーを電気エネルギーに変える従来の風車とは異なり、風の渦を利用したもの。開発中のプロトタイプ(100W、高さ3m)はトップの大きい円柱の形で炭素繊維とガラス繊維からできており、風を受けると柱の反対側に渦を巻き、柱が振動し、柱の基にあるリング型の磁石を動かす事により発電する。

従来の羽根つきと比べると発電効率は劣るのだが、羽根がない分、生産、そして施工にかかる時間・コストが大幅に抑えられる。さらに可動部が少ないことから、騒音もなく、メンテナンスコストも低い。従来型に比べ発電コストを40%もカットする事ができるそうだ。

Vortex Bladeless
http://vortexbladeless.com/home.php


文/モベヤン・ジュンコ

※『SOLAR JOURNAL』vol.14 より転載

関連記事

アクセスランキング

  1. 経産省の改正FITのホンネ、2030年以降の政策
  2. 「波力発電」が世界初の実用化へ向けてついに始動!
  3. 2017年度、これが新FIT買取価格だ!
  4. 大容量&低価格、テスラの新・家庭用蓄電池!
  5. ZEH時代到来! 太陽光発電は自家消費が基本!
  6. 全面自由化で電力会社を変更、選ぶポイントは……?
  7. 風力発電 約90%は北海道・東北 系統接続の厳しさ増
  8. 小型風力発電で気をつけたい“720時間抑制ルール”とは?
  9. FIT改正後の小形風力発電、事業化のポイントは?
  10. 太陽光のみで成層圏へ!? パネル付飛行機に注目だ!
航天機電 Intersolar NORTH AMERICA The 9th Guangzhou International Solar Photovoltaic Exhibition 2017

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.21 / ¥0
2017年4月28日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 太陽光業界最新ニュース