風力

“羽根のない”風力発電機

スペインのVortex Bladeless社はこれまでの常識を覆す「羽根のない」風力発電機を開発した。

これは、羽根の回転エネルギーを電気エネルギーに変える従来の風車とは異なり、風の渦を利用したもの。開発中のプロトタイプ(100W、高さ3m)はトップの大きい円柱の形で炭素繊維とガラス繊維からできており、風を受けると柱の反対側に渦を巻き、柱が振動し、柱の基にあるリング型の磁石を動かす事により発電する。

従来の羽根つきと比べると発電効率は劣るのだが、羽根がない分、生産、そして施工にかかる時間・コストが大幅に抑えられる。さらに可動部が少ないことから、騒音もなく、メンテナンスコストも低い。従来型に比べ発電コストを40%もカットする事ができるそうだ。

Vortex Bladeless
http://vortexbladeless.com/home.php


文/モベヤン・ジュンコ

※『SOLAR JOURNAL』vol.14 より転載

関連記事

アクセスランキング

  1. 日本企業が「RE100」に続々と加盟、各社のエネルギー計画は?
  2. 地域を潤す再エネ事業「シュタットベルケ」の神髄がここに!
  3. JPEA、破損した太陽光パネルを適正処分できる企業一覧を公表
  4. 風車の種類は大きく2種類!? 風力発電入門講座
  5. 2019年春スタートの「森林経営管理制度」バイオマスへの影響は?
  6. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
  7. 太陽光発電は全量買取から”余剰買取”へ! 工場はさらにメリット大
  8. 2030年度には電力小売事業の「PPA」が市場規模400倍に
  9. 養殖マグロで発電!? 小学生のエネルギー戦略が凄い!
  10. 太陽光の「シェアリングエコノミー」がバングラディシュで普及中!
 

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.29 / ¥0
2019年4月26日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース