風力

いよいよ日本でも始動! 欧州で常識の風力発電所?

世界の再エネは、風力発電が主役。その発電量は、太陽光をはるかに凌ぐ。日本では太陽光に押され気味だった風力だが、真価を発揮するのはこれからだ。MW級の大型風車をいくつも連ねたウィンドファームが、日本の新しい風景になろうとしている。今回は陸上のプロジェクトを紹介する。

建設・保守用道路は、
地元の造林事業者と共用

稜線に連なる美しい風車群。6月に営業運転を開始した「ウインドファーム浜田」(島根県浜田市)だ。ソフトバンググループのSBエナジーと、三井物産が共同出資する特別目的会社「株式会社グリーンパワー浜田」が運営する。

設置された風車は1基あたり1・67MW。合計29基が立ち並び、合計出力は48・43MWに達する。年間予想発電量は約8500万kWh/年、一般家庭約2万3600世帯分の年間電力消費量に相当する。ハブ高は70m、ローター直径は74m、地上からブレード先端までは107m。最も高いところで標高約1000mの場所に位置している。

sj_meg20161021_4

建設・設置作業の様子。

欧州では一般的な集合型風力発電所=ウィンドファームだが、これまで日本では、あまり見られないものだった。しかし、プロジェクトは着実に動いていた。長期にわたる環境アセスメントを経て、いくつかのウィンドファームが運転開始に至っている。「ウインドファーム浜田」も、その1つだ。

ソフトバンクグループでは、同風力発電所を「地域と共存する再生可能エネルギーの象徴的な存在にしていきたい」(同広報室)と話している。さらに今後、「地域との共存に向けた取組みとして、今回の開発に伴って新設した建設・保守用道路を地元の造林事業者と共用する」という。

なお、同風力発電所は、次のような技術的特長を有している。①電圧110 kVに昇圧し、中国電力系統に連系。②風車サイトから連系変電所まで約10kmの埋設ケーブルにて送電。③風の吹く方向に追従して、風を効率よく電気エネルギーに変換できるよう制御。④雷対策として落雷検知による自動停止機能を装備など。サイト内には技術員が常駐する。


取材・文/廣町公則

関連記事

アクセスランキング

  1. 太陽光発電8設備が初の「FIT認定取り消し」 申請せずに発電事業を実施
  2. 自治体新電力が巨大都市と連携!? 「久慈地域エネルギー」の事例
  3. 日本企業が「RE100」に続々と加盟、各社のエネルギー計画は?
  4. JPEA、破損した太陽光パネルを適正処分できる企業一覧を公表
  5. 4/16(火) 次世代パワエレシンポジウム+PVビジネスセミナー 同時開催!
  6. 風車の種類は大きく2種類!? 風力発電入門講座
  7. 2019年度のFIT調達価格は14円/kWh! 前年度から2割超の大幅減額に!
  8. 「2019年問題」専用サイト開設! エネ庁が注意喚起と情報提供
  9. 重要なのは「安売り」ではない? 自治体新電力が生き残るポイントとは
  10. 【最新】2018年度、新FIT買取価格が決定! 割賦金単価も

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.28 / ¥0
2019年1月31日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース