政策・マーケット

YKK AP「ゼロ円ソーラー」提案、ハウステンボスや東電子会社と連携

YKK APは、新築住宅物件の施主が「初期費用ゼロで太陽光を設置」できるプランの提案を開始する。ハウステンボスと、東電子会社のTEPCOホームテックと連携し、2種類の異なるプランを用意することで、工務店が施主へと提案しやすいスキームを構築した。

PPAとリースの
2種類を提案

YKK APが、“初期費用ゼロの太陽光発電システム設置モデル”の提案を10月1日から開始する。

新モデルを提供するのは、ハウステンボス株式会社と、東京電力子会社のTEPCOホームテック株式会社。YKK APはこれら2社と共同し、工務店に対して「ゼロ円ソーラー」を提案する。新築物件の施主は、初期費用を負担することなく、太陽光発電を導入できる。

ハウステンボスとTEPCOホームテックは、それぞれ契約形態の異なるゼロ円ソーラーを展開している。

ハウステンボスは、「ハウステンボスHOME太陽光でんき」の名称で、PPA(Power Purchase Agreement、電力購入契約)型サービスを提供。新築物件の施主は、初期費用なしで太陽光発電を設置し、その売電収入はハウステンボスが受け取る。10年の契約期間終了後、太陽光発電の設備は、施主に無償譲渡される。

一方のTEPCOホームテックのサービスは、「ソーラーエネカリ」というリース型だ。施主とTEPCOソーラーテックがリース契約を結び、初期費用なしで太陽光発電を設置。施主はリース料金を支払うが、売電収入を得ることができる。こちらも、10年のリース契約期間が満了すると、太陽光発電設備は施主へと無償譲渡される。


提案モデルの契約形態(出典:YKK AP)

YKK APは、双方のサービスを工務店に提案する。2種類の異なるサービスを用意することで、工務店が施主へと提案しやすいスキームを構築した。

なおYKK APでは、断熱性能を高めて空調の省エネに貢献する「APW樹脂窓シリーズ」などをラインナップしている。こうしたエコな住宅設備に加えて、今回のゼロ円ソーラー提案などを推進することで、再エネの普及を啓発していくという。

DATA

YKK AP株式会社

関連記事

アクセスランキング

  1. 自治体新電力が巨大都市と連携!? 「久慈地域エネルギー」の事例
  2. 太陽光発電8設備が初の「FIT認定取り消し」 申請せずに発電事業を実施
  3. 日本企業が「RE100」に続々と加盟、各社のエネルギー計画は?
  4. JPEA、破損した太陽光パネルを適正処分できる企業一覧を公表
  5. 2019年度のFIT調達価格は14円/kWh! 前年度から2割超の大幅減額に!
  6. 重要なのは「安売り」ではない? 自治体新電力が生き残るポイントとは
  7. 4/16(火) 次世代パワエレシンポジウム+PVビジネスセミナー 同時開催!
  8. 「2019年問題」専用サイト開設! エネ庁が注意喚起と情報提供
  9. 地域を潤す再エネ事業「シュタットベルケ」の神髄がここに!
  10. 風車の種類は大きく2種類!? 風力発電入門講座

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.28 / ¥0
2019年1月31日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース