スマート関連

大容量&低価格、テスラの新・家庭用蓄電池!

電気自動車のテスラから、新タイプの家庭用リチウムイオン蓄電池が登場した。スリムでスタイリッシュなデザインでありながら、容量は従来の約2倍にパワーアップ。しかも、1kWhあたりの価格は、世界最安値クラスを実現している。

最大9台まで連結可能
壁掛け/床置き、両方OK

テスラモーターズの家庭用リチウムイオン蓄電池「パワーウォール2」が好評だ。テスラモーターズ(米)は電気自動車(EV)メーカーとして知られるが、2015年より家庭用蓄電池市場にも本格参入している。その蓄電池には、EVの主要パーツである車載用バッテリーの技術が活かされており、参入当初から大きな注目を集めてきた。

このほど発表されたパワーウォール2は、テスラとして第2世代となる家庭用蓄電池。第1世代のパワーウォールに比べて約2倍となる13.5kWhの大容量を誇り、出力も以前の約2倍(5kW)にレベルアップしている。万一の災害時にも、2LDK程度の家なら丸1日分の電力を十分に供給可能だ。また、これまで外付けだったインバーターが内蔵されたにも関わらず、サイズはH1150mm×W755mm×D155mmと薄型コンパクトに抑えられている。

注目すべきは、最大9台までの連結が可能であること。どんなに電気を使う家でも、連結数次第で余裕の蓄電システムを構築することができる。さらにパワーウォール2は、「壁掛け」「床置き」いずれにも対応可能となっており、レイアウトの自由度はいっそうアップした。筐体には防水防塵構造が採用されているので、設置場所は屋内外を問わない。また、水冷式冷却システムで内部温度を制御しているため、暑い日でも性能低下の心配はなく、気温マイナス20℃からブラス50℃まで正常に機能する。

sj_tsl20161118_02

12

関連記事

アクセスランキング

  1. 頻繁に変更される未稼働案件ルール、今度は「変更整理表」更新
  2. 小泉元首相も注目の「太陽光発電事業者連盟」が発足、今後の活動は?
  3. 東北電力「出力制御の準備」訴え、来春には再エネ電力が需要の65%に
  4. SUNGROWが新製品2機種を発表! 本誌連載中の飯田氏が基調講演も!
  5. 発電量を最大化するモニタリングシステムとは? 導入企業も多数!
  6. 太陽電池モジュールを巡る、米国における”貿易摩擦”と”輸入制限”
  7. 大手電力会社の「卒FIT」対応は? 転機の2019年を前に第一報が続々!
  8. ソーラービニールハウスも大好評! BSLがパネル架台の可能性を切り拓く
  9. 2019年1月16日開催! 太陽光の今がわかる「PVビジネスセミナー」
  10. インドが太陽電池モジュールのセーフガード課税を実施、影響は短期的?

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.27 / ¥0
2018年10月31日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース