スマート関連

大容量&低価格、テスラの新・家庭用蓄電池!

電気自動車のテスラから、新タイプの家庭用リチウムイオン蓄電池が登場した。スリムでスタイリッシュなデザインでありながら、容量は従来の約2倍にパワーアップ。しかも、1kWhあたりの価格は、世界最安値クラスを実現している。

最大9台まで連結可能
壁掛け/床置き、両方OK

テスラモーターズの家庭用リチウムイオン蓄電池「パワーウォール2」が好評だ。テスラモーターズ(米)は電気自動車(EV)メーカーとして知られるが、2015年より家庭用蓄電池市場にも本格参入している。その蓄電池には、EVの主要パーツである車載用バッテリーの技術が活かされており、参入当初から大きな注目を集めてきた。

このほど発表されたパワーウォール2は、テスラとして第2世代となる家庭用蓄電池。第1世代のパワーウォールに比べて約2倍となる13.5kWhの大容量を誇り、出力も以前の約2倍(5kW)にレベルアップしている。万一の災害時にも、2LDK程度の家なら丸1日分の電力を十分に供給可能だ。また、これまで外付けだったインバーターが内蔵されたにも関わらず、サイズはH1150mm×W755mm×D155mmと薄型コンパクトに抑えられている。

注目すべきは、最大9台までの連結が可能であること。どんなに電気を使う家でも、連結数次第で余裕の蓄電システムを構築することができる。さらにパワーウォール2は、「壁掛け」「床置き」いずれにも対応可能となっており、レイアウトの自由度はいっそうアップした。筐体には防水防塵構造が採用されているので、設置場所は屋内外を問わない。また、水冷式冷却システムで内部温度を制御しているため、暑い日でも性能低下の心配はなく、気温マイナス20℃からブラス50℃まで正常に機能する。

sj_tsl20161118_02

12

関連記事

アクセスランキング

  1. 10/22開催! 太陽光の今がわかる「PVビジネスセミナー」
  2. 九州電力が国内初の出力制御を実施! 「再エネの主力電源化」へ課題
  3. O&Mは「資産価値向上」がポイント! セカンダリー市場で求められること
  4. 注目の「太陽光発電+蓄電池」イベントが、10月29日から大阪で開催!
  5. ISEP飯田氏が紐解く「再エネのパラダイムシフト」新たな対立とは
  6. 2019年春スタートの「森林経営管理制度」バイオマスへの影響は?
  7. 太陽光FIT制度、既存案件の買取金額を減額へ! 「未稼働案件」対象に
  8. 水上太陽光発電市場、ポテンシャルは「無限大」!?
  9. 「雑草」がエネルギー源に!? 名城大が発電を実演
  10. 【講演ダイジェスト】FIT10円台・送電線空き容量問題 再エネビジネスの明日
アクシア SMA Jinko Solar LONGi SOLAR

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.26 / ¥0
2018年7月31日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース