太陽光発電

Looop、電力ピークシフトと自家消費に新提案!

太陽光の自家消費セット
導入コスト実質0円!

太陽光発電システム事業者としてのLooopが発表したのは、「MY自家消費セット」。太陽光発電設備と電力供給、蓄電池(※)、保守(※)をパッケージにしたセット商品だ。

「工場やビルの空いている屋根を有効活用することで高い経済メリットを創出することができる」として、店舗や工場などへの販売を進めていく。

※蓄電池と保守はオプション

「My自家消費セット」の魅力を語るLooop執行役員/EPC事業本部本部長の渡辺安彦氏

導入したユーザーは、屋根の上の太陽光パネルでつくられた電気をメインで使用する。発電電力の足りない時間帯は、通常料金単価より最大5円/kWh引きで「Looopでんき」から電力供給を受けることができる。余剰となった発電電力についてはFITによる売電収入が得られ、FIT期間終了後も10年間は、Looop独自の買取制度により最低額7円/kWh以上での買取が保証されている。

MY自家消費セットには、20年間の総収入がより多くなる一括購入プランと、初期費用ゼロの分割支払いプランがある。分割支払い額は、自家消費による電気料金削減効果など、経済メリットでカバーできる計算だ。Looopでは、自家消費時代の本格到来をにらみ、年間500件の販売を目指す。

【My自家消費セット導入のメリット】

●電気の自家消費/設置した太陽光発電設備から生まれた電気は自身の施設や設備で消費し、電力会社から購入する電気料金を削減できる。
●電気の余剰売電/自身の施設や設備の消費電力が設置した太陽光発電から生まれた電気より少なければ、余った電気はLooopに販売できる。
●Looopでんきの購入/太陽光発電が使えない曇天や夜間には、割引料金でLooopでんきを購入できる。


取材・撮影・文/廣町公則

DATA

株式会社Looop

12

関連記事

アクセスランキング

  1. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  2. 「FIT制度」の次のステップ「FIP制度」って?
  3. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
  4. 12/19(木)開催PVビジネスセミナー「成功する産業用自家消費ビジネス」
  5. 〈終了〉12/3(火)開催PVビジネスセミナー「主力電源化への展望と高効率モジュールの役割」
  6. JPEA、破損した太陽光パネルを適正処分できる企業一覧を公表
  7. 台風停電に救い。 太陽光発電所が充電ステーションに!
  8. 『Amazonプライム』の年会費4,900円がゼロに⁉ 大阪ガスが今までにない電力サービスを開始
  9. 「再エネ海域利用法」とは? 新法の狙いと仕組みを解説
  10. 風車の種類は大きく2種類!? 風力発電入門講座

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.31 / ¥0
2019年10月31日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース