太陽光発電

太陽光マーケットで生き残るには? 電源メーカーが語る”生存戦略”

FIT価格低下の影響を受け、太陽光施工企業の倒産や、投資目的企業の撤退が相次いでいる。厳しい環境のなか、市場で生き残っていくにはどうすべきか? 電源メーカーの株式会社ニプロン・鈴木利宏氏に、今後の戦略を伺った。

「壊れない電源」をキーワードに
ニッチな市場を攻める

日本の太陽光発電市場は、投資目的の企業が撤退し、本気で事業を続けようとする企業が増えてきました。市場の本来あるべき姿への過渡期です。難しい局面ではありますが、長期的に市場に残れる1社になりたいと思います。

当社はブルーオーシャン戦略で、ニッチな市場を攻めていくつもりです。当社は「壊れない電源」をキーワードにスイッチング電源を開発・製造・販売し、直流電源を使ったソリューションを自分たちで考えて出しています。

例えば、連系容量を抑制しつつ発電量を増やす蓄電システム「PV eXpander」があります。太陽光発電の余剰電力を蓄電して、夕方や夜間にも売電できますし、自家消費用途で工場などの動力源としても有効活用できます。

最終的な目標は
直流グリッド

当社の最終目標は直流グリッドです。太陽光発電や蓄電池、コンピュータやLED電灯など多くの機器は本質的に直流で動作しますので、直流のまま繋ぐ方が高効率。

直流給電ができるようになれば、当社の昇圧DC-DCコンバータ「PVマキシマイザー」も太陽光発電から直流グリッドへの給電制御を行うパワコンのような役割として機能します。

直流で動く市販の製品はまだ少なく、もっと増えれば電力インフラは大きく変わるでしょう。

プロフィール

株式会社ニプロン
本部営業部次長 GPプロジェクトリーダー

鈴木利宏氏


取材・文/廣町公則、大根田康介

SOLAR JOURNAL vol.25(2018年春号)より転載

関連記事

アクセスランキング

  1. 太陽光FIT制度、既存案件の買取金額を減額へ! 「未稼働案件」対象に
  2. 大手企業が続々と電力シフト、いよいよ再エネが巨大マーケットに?
  3. 丸紅が石炭火力の権益を「2030年までに半減」と公表、その理由は?
  4. 台風20号で淡路島の風車が倒壊、日本の風車は果たして”危険”か?
  5. 放っておくと“発電停止”に!? 低圧ソーラー20年運用O&Mが必須な理由
  6. 日本企業が「RE100」に続々と加盟、各社のエネルギー計画は?
  7. 九州電力が国内初の出力制御を実施! 「再エネの主力電源化」へ課題
  8. 「HEMS × 蓄電池 × V2H」という住宅の新発想
  9. 住宅用太陽光「パネル貼り替えて再FIT契約」は認められず!
  10. ZEH時代を生き残るための蓄電池戦略「まっち」

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.27 / ¥0
2018年10月31日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース