「世界の再エネ」の検索結果

世界初! 太陽光発電を利用した電池だけで運行する電車がオーストラリアで誕生した。古くなり、使われなくなっていた電車は、柔軟にレイアウトが可能な'曲がる'太陽光パネルを利用することによって新たに生まれ変わった。

世界初! 太陽光のみで走る電車がオーストラリアで誕生

太陽電池のみを電源にして道を滑走できる自動車「ソーラーカー」。この夢のようなソーラーカーが、街中を走り回る日もそう遠くはない……!? オランダの大学生が開発した驚きの発明を紹介!

オランダのソーラーカーが豪州3000キロを走破!

最新のソーラー技術で世界を変える!今回はドイツ・ベルリンで生まれたプレハブキットをご紹介。モバイル端末の充電から、医療現場での活用まで、幅広い用途で利用されている優れものだ。

無電化地域の「キオスク」、電力はもちろん太陽光!

大企業による再生可能エネルギーの導入が進む中、グーグルが使用電力の100%を再生可能エネルギーで賄っていることを発表した。複数の企業がこうした取り組みに積極的になっている背景には、環境問題以外にも理由があった。

使用電力の100%を再エネに! グーグルが有言実行

今年3月には風力と太陽光発電が米国総発電量の10%以上を充たすという快挙を遂げた米国。化石燃料支持のトランプ政権下でも、確実に再エネへの転換は行われている。そのカギを握るのは、連邦政府ではなく州政府だという。

2040年、CO2排出車の販売が終わる!? 米国の覚悟

2017年3月には風力と太陽光発電が総発電量の10%以上を充たすという快挙を遂げた米国。化石燃料支持のトランプ政権下でも、確実に再エネへの転換は行われている。「2050年・再エネ100%」を達成するために、上院に提出された新たな法案の7つの要点を解説する。

米政府に新法案『2050年100%再エネ』の7要点

世界の再生可能エネルギーを、太陽光とともに牽引する風力発電。その導入拡大の動きは、ヨーロッパだけでなくアジアでも加速している。中でも意欲的な台湾の取り組みについて、日本風力エネルギー学会・石原孟氏に聞いた。

アジアの風力政策に投資申請が殺到 野心的な台湾

アメリカ在住のアナリストが読み解く!「USAソーラー事情」。全ての事業運営を100%再生可能エネルギーで賄う「RE100」。参加する米国企業は31社。増加の理由はサステナビリティ戦略だけではなく、経費削減につながるという点も大きいようだ。

米国で増えるRE100企業 再エネ導入で経費削減効果

現在ニューヨークでエネルギー自立型街路灯を開発中。その仕組みとは? 公道や公園といった公共空間、企業のオフィス群、大学のキャンパスなどでの実用化が見込まれているシステムを紹介!

太陽光で通信&充電OK! エネルギー自律型の街路灯

化石燃料に頼らず、どこまで行けるのか?辿り着く先はどこなのか?そこに一体何があるのか?再生可能エネルギーの可能性を確かめる航海が始まった。

太陽光、風力、海水を燃料に、船で世界一周の旅!

1 2 3

アクセスランキング

  1. 大容量&低価格、テスラの新・家庭用蓄電池!
  2. 【速報】太陽光発電の「入札」結果が明らかに!
  3. 「HEMS × 蓄電池 × V2H」という住宅の新発想
  4. 来年度FIT激変、バイオマス発電に「入札」を導入!
  5. 太陽光の今がわかる「PVビジネスセミナー」4/11開催
  6. 2017年度、これが新FIT買取価格だ!
  7. あなたは知ってる? 小型風力発電の3つの注意点
  8. 「FIT制度」の次のステップ「FIP制度」って?
  9. なぜ日本では「風力発電」導入が遅れているのか?
  10. 再エネが繋げない? 送電線「空き容量ゼロ」は本当か
SMA CO2O

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.24 / ¥0
2018年1月31日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース